ペンション あるびおん

八ヶ岳 小淵沢の小さな宿に宿泊して、静かな時間と体に優しいお料理をお楽しみください。

TEL.0551-36-4166

 E-Mail.p-albion@p-albion.jp

〒408-0041 山梨県北杜市小淵沢町上笹尾3332-1157

野鳥ガイド

冬鳥がやってきています。

秋になり、早朝の山々、富士山がとても綺麗に見えるようになりました。


この子は懸命にメスを呼んでいました。
そろそろ繁殖の頃なのかな?

  • メスを呼ぶ?イスカ

  • イスカ

イカル

イカル

最近イカルの声をあちこちで聞きます。
しかし、撮影がとても難しい。ベニマシコも来ていますし、雪が降ったらオオマシコもたくさん来てくれると良いですね。


野鳥ガイドはアカゲラの宿・ペンションあるびおんでどうぞ。ゆっくりと野鳥撮影も出来ます。

冬鳥ガイドの始まり。


いよいよ冬鳥ガイドの季節です。紅葉の中の野鳥、赤い実を啄む野鳥、葉も落ちれば野鳥達も観やすくなります。
あるびおんの野鳥ガイドを利用して、八ヶ岳の野鳥との出会いを楽しんでください。
野鳥に余り興味の無い方とご一緒の時は、ご希望により観光&野鳥観察にも応じます。ご相談ください。

客室やダイニングの窓から、アカゲラ、コゲラ、イカル、シメ、シジュウカラ、ヤマガラ・・・等の野鳥が観察できる「アカゲラの宿 ペンションあるびおん」は、日本野鳥会の協定旅館です。会員の方は会員割引が有ります。ただしお二人以上でお泊まりの時に限ります。どうぞ、予約時にお申し出いただいてご利用ください。

  1. 野鳥ガイドの詳細
  2. 日本野鳥の会の協定旅館 割引の詳細

アカゲラの宿

夏休みも野鳥に興味を持つ方が多くいらっしゃっています。昨日はゆっくりしてくれたアカゲラ君ですが、今日はカメラを横に置きながらアカゲラを待っていますが、遠くに来ていても中々近づいてくれません。
こんなことは少ないのに・・・

お客様が大きく動くと警戒するのですが、私たちが窓に近寄ってお掃除していても平気で来るんですよとお話ししたら、「じゃあ、私たちもお掃除しようかしら」と言う方も。でも、きっと私たちの顔を認識しているんだと思います。

そして、皆さんがチェックアウトのお支度にお部屋に戻り、私たちがテーブルの上を片付けていると、来ました来ました直ぐ近くに。
早速お部屋に「アカゲラ来ましたよ」と声を掛け、皆さんに間近でアカゲラを見ていただきました。
「アカゲラの宿」の名保持できました。

あるびおんは日本野鳥の会の協定旅館です。予約時にお申し出いただければ、夏休みでも会員価格でお泊まりになれます。当日は会員証をお持ちください。

また雪が

アカゲラ

雪の中のアカゲラ

朝起きたら雪が積もっていて真っ白。
お客様の朝食時には、アトリ、シメ、カワラヒワがいっぱい。まるで鳥かご状態。珍しくヒヨドリがきて、アカゲラ追いかけ回していました。
これでは、裏の庭に折角頭を出したカタクリも、花が咲くのはもう少しお預けですね。

お仕事開始、エナガも営巣?

イタリアから戻って8日からお仕事開始。
今回は飛行機でも十分寝て家に戻ったのが真夜中の0時過ぎ。身体は眠くないのですが、そこで思い切って寝たのです。
その効果は絶大で、時差ボケを全く感じず、翌日から日本時間に身体が着いてきました。
帰って来たとき、眠くないからと向こうの時間に身体を合わせてしまうと、いつまでも時差ボケが続き、一ヶ月くらい真夜中でも眠れなくなったことがありました。

早速のお客様も野鳥の方々です。主人のガイドも始まり、まだオオマシコも待っていたくれたようです。
やはりお仕事始まると、身体も気持ちもシャキッとしますね。

あれれ、いつもは餌を食べると足早に去って行くエナガの集団ですが、つがいのエナガがいつまでもいます。
そして、ベランダに引っかかっていたビニール紐を少しずつどこかへ運んでいます。どうも裏庭で営巣しそうです。
今日は風が冷たい1日でしたが、野鳥達の春が始まっているようです。

イスカの親子

イスカの親子

  • イスカの給餌

    イスカの給餌

  • イスカ親子

    イスカ親子

  • 雛は2羽

    雛は2羽

  • 野鳥ガイドに参加したお客様から

    白ピーヌさまより
    先日は大変お世話になりました  期待していた赤い仔に出会え刺激的な3日間でした 特にイスカの家族に会えたのはもう2度とない出会いで
    とても感動しました  又お花の綺麗な初夏に再訪したいです

     奥様の作られるお料理とても美味かったです♪ ありがとうございました!  撮影したイスカ達の写真を添付いたします

    白ピーヌさま、
    ご利用いただきまして、ありがとうございました。
    本当に素晴らしいイスカとの出会いがありました。
    滅多に無い出会いで、感動的でした。
    またお目にかかれること、楽しみにしております。

    先日はありがとうございました。

    コミミズク

    帰りに遭遇したコミミズクです。

    先日、4人で宿泊させていただいた者です。
    ガイドを含め楽しい時間をありがとうございました。
    料理も美味しく大満足でした。
    樹氷の中のオオマシコは、幻想的ですごく感動しました。そんなところに今度は、イスカが現れ感動の連続でした。
    帰りに2羽のコミミズクに出会えましたが、夕方だったため撮影は困難でしたがなんとか証拠写真は撮れました。
    また、利用させていただきたいと思います。

    コミミズク

    コミミズク

    takupamaさま、ご投稿いただきまして、ありがとうございます。
    ご宿泊のご利用もいただきまして、ありがとうございました。
    さすが、皆さんは幸運の持ち主ですね。
    オオモズ・オオマシコ・イスカ・コミミズクその他冬鳥達・・・
    贅沢な1日でした。
    また遊びにいらしてください。
    八ヶ岳は奥が深いですよ。
    先日私の目の前を通過したコミミズクを貼ります。
    SS1/320ですので、止まってはいませんが、それなりに楽しい画像になりました。
    D7200は完成度の高いカメラですよ。大切に使っていきましょうね(笑)

    紅葉と冬鳥 秋の実と冬鳥

    2016.11.06(日)

    遅れてやってきた紅葉と、豊かに実った秋の実に、冬鳥達が群がっています。
    こんな自然豊かな景色の中で鳥たちを見ていると、とても幸せになります。
    足早にやってくる冬の前に、この鳥たちの姿を楽しみませんか?
    ペンションあるびおんの野鳥ガイドも人気です。この時期をお見逃し無く。

    • 秋の雰囲気で撮れたジョウビタキ

      秋の雰囲気で撮れたジョウビタキ。

    • ルリビタキ

      ルリビタキ

    • アカハラ

      アカハラ

    • アトリ

    朝焼けの中飛ぶアトリの群

    朝焼けの中飛ぶアトリの群


    紅葉情報TOPへ


    ☆八ヶ岳の宿泊とバードウォッチングはペンションあるびおん

    川端雅章さんのガイドでロッキーへの旅をすることになった理由(わけ)。

    この旅日記は只今更新中です。旅日記を初めからご覧になりたい方は こちらからご覧ください。 

    川端雅章さんとの出会い。
    それは今年の2月26日、バンクバーでの野鳥ガイドをお願いしたことが始まりでした。日本でツアー会社に「バンクバーの野鳥ガイドさんを探して欲しい」とお願いしたところ、そんな手配は初めてで・・・と渋い答え。でもやがて見つかりましたとの連絡を受け、ほっとしながらも、どんな方か少し心配でした。
    当日、バンクーバーのホテルにお迎えに来てくれたガイドさんが川端雅章さんで、とても穏やかで気さくで、直ぐに打ち解ける事が出来ました。
    その上たった1日で次々目的の野鳥が見られて、3日分くらいの成果が得られました。大きな目的だったシロフクロウは飛来していなかったものの、他のフクロウがほとんど見られた事、そして思いも掛けずバンクバーでも滅多に見られないカラフトフクロウまで見る事ができ、川端さんも私たちもお互いに上機嫌でお夕食、デザートとお店を替えて、夜遅くまでお話しが弾んでしまいました。

    そして翌々日には、プライベートでブリティッシュコロンビア大学の敷地内にある新渡戸記念庭園や人類博物館を案内して下さり、野鳥だけでなく、カナダの先住民文化にも詳しく、展示物の解説と興味深いお話を聞くことが出来、川端さんの魅力にまた引き込まれてしまいました。そしてバンクーバー滞在中にもう一度探鳥ガイドをお願いしました。

    そして2回目の3月2日の探鳥も楽しく、この時にはすっかり打ち解けて、もう何年もお友だちだったような関係に。そんな中でふと私が「ロッキーまで、ゆっくり景色と鳥を楽しみながら車で行けたら楽しいでしょうね」と言ったのですが、直ぐ川端さんがそれに応えて、是非一緒に行きましょう・・・と。

    でも、この時もバンクーバーに2週間も滞在していて、ホワイトホースまでオーロラも見に行ったので散財したばかりで、直ぐには「ハイ、行きましょう」とは応えられなかった私たち。
    でも前向きに検討したい事は伝えて、川端さんにコースと予算を出してくださいっとお願いして日本へ帰って来ました。

    それほどの時を置かずに計画書がメールで送られてきて、それを見た私たちは具体的なった計画にあっという間に行きたいと言う気持ちに強く傾いてしましました。
    決まったら手際よく次々手配をしてくださり、私たちは川端さんからメールが来る度に旅のことが次々具体的になっていき、期待に大きく胸ふらませるながら日々の仕事をこなし、この旅の始まりを楽しみにしていました。

    長い人生には多くの素敵な出会いがありますが、川端さんとの出会いもとても大きな出会いでした。お付き合いの長さではなく、信頼できるか出来ないかは直感で感じるものです。私たちは本当に信頼して、旅のすべてをお願いし、おんぶにいだっこの旅でしたが、最後までその信頼は裏切られる事なく9日間という長い旅を最後まで楽しく、心豊に終える事が出来ました。長い道のりの運転、野鳥ガイド、観光ガイド、お食事からホテルまでの手配・・・すべてをこなしてくださった川端さんには感謝です。
    良い旅はガイドさん次第と言われますが、正にそのことを証明してくれる旅でもありました。

    次へ

    この旅日記は只今更新中です。初めからご覧になりたい方は こちらからご覧ください。 

    • 川端さん行きつけのお店でアルバータ牛のローストビーフを堪能。美味しくて皆(*^o^*)

    • ferryにて

    川端 雅章 風のたより from バンクーバーもご覧ください。