ペンション あるびおん

八ヶ岳 小淵沢の小さな宿に宿泊して、静かな時間と体に優しいお料理をお楽しみください。

TEL.0551-36-4166

 E-Mail.p-albion@p-albion.jp

〒408-0041 山梨県北杜市小淵沢町上笹尾3332-1157

あるびおんの日々

あるびおんトップページへ

「ペンションあるびおん」の日々の出来事をつづってあります。
 
ブログ一覧

ブログ一覧

最近のフクロウやコミミズクの狩り

今年はこの時期になってもフクロウや時にはコミミズクが見られています。
嬉しいことです。
良く飛んで狩りする姿も見られています。

2月18日 良い木の枝に止まって獲物を探しています。

  • フクロウ

    木の枝で獲物を探すフクロウ

  • 獲物めがけ飛び出す梟

2月19日 草原の小さな石に止まり、しばらく周りを眺めて狩りをしていました。
突然の飛び出しで、瞬間的に反応しシャッターを押しました。
フクロウは飛び出す時はかなりのジャンプをしていることが分かります。

  • フクロウ

    石の上で狩りの時を待つフクロウ

  • フクロウ

    狩りに向かうフクロウ

コミミズクもまた見られてます。

  • コミミズクの狩り

    コミミズクの狩り

  • コミミズク

    夕暮れの景色の中に佇むコミミズク

フクロウガイドをご希望の方はお早めに。お申し込みください。
そろそろ。終盤です

このまちで老いと病と死を

おはようございます。よく晴れた朝です。
昨日は、冬の間のボランティア勉強会。
今回は高木宏明先生(諏訪中央病院副院長&在宅・地域ケアセンター長)のお話でした。途中で先生のギター演奏も交えながら、とても楽しく、これからの私たちにとても参考になるお話しを聞かせていただきました。老いも病も死もこの世に生を受けた私たちが確実に受け止めなくてはいけない問題ですが、この年になったらいつでもそれらにを受け止める覚悟や、上手く向き合う方法を学ぶ必要があると思います。こんなお話しを聞く機会があれば出来るだけ聞くようにしています。また、ここ数年で、身近な人が、あっという間にこの世を去って行ってしまう事を経験して、その人達がその短い時間の中でも、しっかり私達に残してくれたものがあります。それらをしっかりと受けついで、これかますます老いて、病も抱えることもあると思いますが、落ち着いて受け止めて、上手くかわして、楽しく好奇心に満ちた日々を過ごし、『良い人生だったなー』と死を受け止められるよう生きて行きたいものです。そんな事をあらためて考える良い一日になりました。

高木宏明先生(諏訪中央病院副院長&在宅・地域ケアセンター長)のお話

福寿草

寒くもなく、過ごしやすいのに勝手に冬眠していたら、一ヶ月も早く福寿草が開いて、ハッとさせられました。
明日からまた寒くなりそうで,一寸このお花たちは可愛そうだけど、春を感じさせてくれたこの花に目ざめさせられました。

幸先の良いガイド始まってます。

新春3日から始まった野鳥ガイド、フクロウガイドですが、絶好調の滑り出しです。
お客様もバードウォッチング初体験のかたでしたが、いきなりオオマシコ・イスカの群がほぼ同時に来てくれて、どちらを観て良いのか迷うほどの贅沢な一時を味わいました。余りに見えてしまったため、早めにその場を離れて、ミコアイサ・カワアイサ等の水鳥達を観て、レンジャクを探しに数カ所を周り4箇所目でナナカマドに止まるヒレンジャクの群に出合いました。
初めてのバードウォッチングでこんなに見てしまい、バードウォチングがこんなにも簡単と思われても困るかな?と思うほどラッキーな方々でした。でもとてもお喜びでした。
今日は令和2年の幸先の良いバードウォッチングガイドでした。

  • オオマシコ

    オオマシコの群

  • イスカ

    イスカの群

  • ヒレンジャク

    ヒレンジャク

  • ヒレンジャク

    ヒレンジャク

令和2年2日目のバードウォッチングガイドは早朝のフクロウでした。
昨日からの幸運に恵まれて、今日も絶好調でした。
ポイントに着くなり、フクロウは狩りをしていて、良く飛んでくれました。

  • フクロウ

    フクロウ

  • フクロウ

    狩りを繰り返しているフクロウ。

今年もよろしくお願いいたします。

2019年、本当にお世話になりました。
おかげさまで開業30年を無事超え、31年目を頑張ります。
皆様も気持ち新たに新年をおむかえのことと思います。
今年もどうぞよろしくお願いいたします。
1月3日より新年の営業を開始いたしました。
鯛飯を作りました。
鯛が大きかったので、半身と中骨の身をほぐし、半身は塩焼きで切り身で載せました。

鯛飯

鯛飯