ペンション あるびおん

八ヶ岳 小淵沢の小さな宿に宿泊して、静かな時間と体に優しいお料理をお楽しみください。

TEL.0551-36-4166

 E-Mail.p-albion@p-albion.jp

〒408-0041 山梨県北杜市小淵沢町上笹尾3332-1157

あるびおんの日々

あるびおんトップページへ

「ペンションあるびおん」の日々の出来事をつづってあります。
 
ブログ一覧

ブログ一覧

 『えひめAI-2』の作り方

 『えひめAI-2』の作り方

材料:納豆1粒 ヨーグルト25g ドライイースト2g 三温糖25g 30℃〜40℃お湯450ml 空のペットボトル1本

1,納豆のねばねばを少量の水の中で落とし、このねばねば水を使う。
2,1と他の材料をペットボトルに入れて良く撹拌する。
3,発酵するので蓋をゆるめて30℃〜40℃で1週間培養する。パンのような良いにおいがして、PH4〜3になればできあがり。
作り方の詳細

材料も家にあるもので、作り方も至って簡単です。でも30℃〜40℃で保温のところでこの時期尻込みしてしまうと思うのですが、この寒い八ヶ岳でも日中晴れているときに南側の窓辺に置いておけば30℃になり、夜間は冷え込んでもまた日中温度が上がれば1週間でできあがりました。日中温度がすぐに上がるように500ccの小さなペットボトルでつくるのが良いとお思います。発酵が盛んなときは下から上へと気泡がぷっくぷくあがって、見ていて楽しいです。

えひめAI-2 作り方

何度か書いていますが、『えひめAI-2』えひめあいにをご存じですか。納豆、ヨーグルト、ドライイースト等を発酵培養した液体で、生活排水の発生源対策として家庭用に開発されたものです。 色々な地域で河川や海の浄化を考えて推奨しています。市販品もありますが結構高いので手作りしてたっぷり使いましょう。発酵に温度(30℃~40℃)が必要なのですが、この暑い時期は外に出しておくだけで出来ますので、この時期に作り置きしておくと便利です。今日も色々なポリ容器を利用して20L仕込みました。
毎日キッチンの排水口に流す、トイレに流すとかすれば配管も綺麗になり、河川の浄化にも貢献します、ゴミにスプレーすれば匂いが消える、お風呂に入れればよく温まる、お庭に撒けばいい土になり綺麗にお花が咲く、堆肥作りに使えば発酵が早まり良い堆肥ができる。
お花に液肥を上げるときにこれも一緒に上げると、翌日お花がニコニコ笑顔になるのが嬉しくて!

  

『えひめAI-2』の作り方

材料:納豆1粒 ヨーグルト25g ドライイースト2g 三温糖25g 30℃〜40℃お湯450ml 空のペットボトル1本

1,納豆のねばねばを少量の水の中で落とし、このねばねば水を使う。
2,1と他の材料をペットボトルに入れて良く撹拌する。
3,発酵すると泡が出て吹き出すので、蓋をゆるめて、容器は少し大きめで満杯にしないように。
4,30℃〜40℃で1週間培養する。パンのような良いにおいがして、PH4〜3になればできあがり。

材料も家にあるもので、作り方も至って簡単です。30℃〜40℃で保温もこの時期は日向に出しておけばok。

わが家の落ち葉堆肥は落ち葉に米糠を撒いて、その上にこの液を撒いておくと素晴らしい堆肥が出来ます。

えひめAI-2

えひめAI-2 発酵中

今日のランチ

今日のランチはカオマンガイ。お買い物に行く前に、お米の上に塩麹漬けの鶏肉とねぎとシヨウガ乗せて、炊飯器のスイッチいれておけば帰った頃にはいい香りが漂っています。歴代のスタッフは皆、忙しいのにあっという間にランチができるのに驚きますが、いつでも使えるもの常備し、ちょっとした時間の使い方で、手間も時間もかけずにできるものです。お味噌汁はトマトと玉ねぎとキュウリです。最近🍅の味噌汁流行っているようですが、これは子供の頃から実家では夏の定番味噌汁でした。酸味が食欲をそそります。是非ともおためしを。あっ、パクチー苦手なので、大葉と白髪ネギの胡麻油まぶしたののせました。

  • カオマンガイ トマトのみそ汁 

  • カオマンガイ 大葉と白髪ネギのせて

パイナップルリリー

お友だちから頂いた球根を植えて、どんな花が咲くか楽しみだったのですが、こんな花が咲きました。形を見るとうなずけると思うのですが、パイナップルリリーと言う名のようです。花穂が短いときは本当にパイナップルのようです。

日照り続きでもお花が良く咲いているのは、バイトちゃんが毎日水やりしてくれているのと、えひめAI液のお陰でしょうか。
明日は早起きして、また少し生え始めた雑草とりです。

今日のlaunch&塩麹チキンの使い方

今日のお昼は冷凍パスタ。あるスーパーだと2コ320円!初めて食べててみたら、1食160円とは思えない味に驚き。それ以来、たまに冷凍庫に入れておきます。今日は畑で摘みたてバジルを契りながらベスカトーレ。おかずは塩麹漬けのローストチキンサラダ。そしてトウモロコシも、スイカも畑からの恵み。収穫できないお友達の畑から毎日収穫させていただいています。こんなに日照りが続いていますが、EMボカシで土作した畑は、無農薬でも虫も付かず、綺麗で、美味しい野菜が豊作です。お客様にも毎日たっぷりです。感謝です。

塩麹チキンは鳥モモ肉かムネ肉に塩麹大さじ軽く1ハイとBlackPepper、お好みのハーブを塗っていつも冷凍しておきます。使うときは解凍してオーブントースターで200℃15分焼いたり、しっとりさせたいときはジップロックごと70℃で45分から1時間加温。2~3合のお米を炊飯器の目盛り通りの水を入れ、その上に解凍した塩麹鶏肉を乗せ、長ネギ生姜を載せて普通に炊けばカオマンガイがかんたんに出来ます。
是非鶏肉の塩麹漬けを冷凍で常備して下さい。

今日もランチ

冷凍パスタと採れ採れ野菜と塩麹チキンのサラダ