ペンション あるびおん

八ヶ岳 小淵沢の小さな宿に宿泊して、静かな時間と体に優しいお料理をお楽しみください。

TEL.0551-36-4166

 E-Mail.p-albion@p-albion.jp

〒408-0041 山梨県北杜市小淵沢町上笹尾3332-1157

デジカメ日記

画文集 『森と生きる』

今夜は片田好美さんの画文集『森と生きる』の紹介です。製作は精興社だけに書体にこだわり、色にこだわり、丁寧に作られた本です。文章は片田さんのユーモアが垣間見られ思わずクスッと笑みがこぼれてしまったり、森の中に引き込まれしまったり、読みやすい書体も嬉しいです。絵は言うまでもなく鳥のさえずりや風の音まで聞こえてきそうな作品が24点収められています。あとがきには、三島由紀夫の金閣寺や村上春樹のノルウェイの森に使われた優しく上品な精興社書体が使われています。
外がキーンと冷えた夜に、温かな飲み物を横に置いてページをめくりたくなる本です。
八ヶ岳美術館、今井書店(茅野、富士見)、諏訪のセラ真澄で販売中ですが、あるびおんにもサイン本が置いてあります。ご希望の方には販売しております。

私は今年のバレンタインはこの本を贈りました。

カナダの旅14 ガイドツアー最終日 アオライチョウに期待


川端 雅章さんと行く、カナダグランドツアー9日目

6月7日(火)亜高山帯でアオライチョウのディスプレイを探し、ホープ経由でバンクバーへ戻る。走行距離 km
  1. 早朝 亜高山帯でアオライチョウのディスプレイを探す。
  2. ビーバーポンドで繁殖中のアメリカムシクイなどの小鳥を観察。
  3. 10:30 ホテルをチェックアウト、ホープ経由でバンクーバーへ。
  4. ホテルをチェックアウト、途中日系人の収容所(タシミー、現在はSunshine Valley)があったところやHope Slide(大きな山崩れ)の跡を通過しながらホープ経由でバンクーバーへ。
  5. 16:00 頃、バークレイホテルに到着

さー、今日は川端さんのガイドツアー最後の日。朝一番にBlackwall Roadを登り、アオライチョウを探します。7時30群くらいに道路から声聞こえ、やがて樹木の中かアオライチョウが現れ、花が咲き乱れる中でディスプレイをはじめました。谷間に向かってメスを呼んでいるようです。かなり長い時間そこでディスプレイ。離れて撮影していると、やがてどんどんむこうから近づいて来て、私たちの周り、足下でディスプレイ。これは威嚇のディスプレイでしょか。十分過ぎるほど見せていただいたのでそろそろ私たちも退散します。
私たちが車に乗ると、オアライチョウも観客がいなくなったからか、谷とは反対のゴロゴロ石だらけの斜面を、時々足を取られながらもディスプレイしながら登ってい来ました。

オライチョウは2006年にアメリカ鳥学会によってSooty GrouseとDusky Grouseの2種に分けて分類されました。より西の太平洋に近い地域に生息しているのがSooty Grouse(気嚢の部分の色がは黄色)で、より東の内陸に生息するのが、Dusky Grouse(気嚢の部分の色が赤紫)と。ロッキーで見かけるのはDusky Grouseですが、今回マニングパークでみたライチョウはSooty Grouseです。

  • Sooty Grouse

    アオライチョウ
    学名:Dendragapus obscurus
    英名:Sooty Grouse
    科名:ライチョウ科
    サイズ:全長約♂47-57cm、♀44-48cmcm、体重約1kg、翼開長約66cm

  • アオライチョウ 雄""

    アオライチョウ 雄

  • 気嚢の部分の色がは黄色のがSooty Grouse

    Sooty Grouseらしく気嚢の部分の色がは黄色

  • アオライチョウ 雄

  • アオライチョウの雌

アオライチョウのディスプレイ


その後ビーバーポンドに行くもここでは探鳥の成果がなく、花の撮影をしてホテルに戻り、マニングパークを後にする。

  • スティッキー・パープル・ジェラニウム
    Sticky Purple Geranium
    フウロソウの仲間(フウロソウ科)

  • プリックリー・ローズ
    Prickly Rose
    オオタカネバラ(バラ科)

  • フォルス・ソロモンズシール
    False Solomon’s Seal
    ユキザサの仲間(ユリ科)

  • トゥイニング・ハニーサックル
    Twining Honeysuckle
    (スイカズラ科)

  • ツバメオモト Clintonia umbellulata (Michx.) Morong

ビーバーポンドを後にして、ホープの地滑り(ランドスライド)によってバンクーバーへと帰路につきました。
The Hope Slide は1965年、1月9日の早朝、弱い地震があり、それがもととなって海抜約2000メートルのあたりから山が崩れ落ち、谷間を通っていたハイウェイ3号線と、そばにあった小さな湖を一息に埋め尽くした跡です。最下部に積もった土砂の深さは70メートルに達し、この土砂崩れの前に少し雪崩があり、そのため3台の車に4名が乗っていて停まっていたため、かれらはすべて地滑りに巻き込まれ、全員が死亡。うち2人は行方不明のままだそうです。この岩場にもナキウサギがいるそうですが、見つかりませんでした。

The Hope Slide

The Hope Slide

最後は川端家に寄って、預けてあった荷物を車に積み、ホテルに送っていただきました。この旅のmain eventはバンクバーへの途中の車中中での川端さんの熱唱です。サイモンとガーファンクルの歌です。
最後の最後まで私たちを楽しませてくれた名ガイドさんに感謝、感謝です。

今日見た鳥

アオライチョウ ディスプレイ中

次へ

この旅日記は只今更新中です。初めからご覧になりたい方は こちらからご覧ください。 

雪が降ったので

雪が降ったのでコミミもよく出ています。
今日は動画と写真を撮りに行きました。
オオマシコ、イスカ、コミミズクの撮影は今がチャンスです!
オオマシコ・イスカとコミミは別の場所です。1日で両方のガイドは出来ません。2日に分けてのガイドとなります。野鳥ガイドのお問い合わせはお気軽に。

  • コミミズクの飛翔 動画 0202撮影

  • コミミズク

    0202撮影 コミミズク

  • コミミズク

    0202撮影 コミミズク

新雪を歩く

今季、雪らしい雪初めてです🎵
早速お散歩。空は四方真っ青です。八ヶ岳ブルー!
あるのは鹿さんの🐾だけ。

  • 鹿の足跡

    鹿の足跡

  • 八ヶ岳ブルー

雪が降りました。

今シーズン一番の雪です。ずっと降らなくて、雪かきが無くて楽な冬でしたが、やっぱり雪景色は良いですね。
これが溶けて、土の中で春を待つ植物も少し潤うことでしょう。
早くに蕾を地上に出してしまったフクジュソウは昨日見つけて上げて良かった!
今は暖かなお部屋の中で、ランや多肉植物と一緒です。

都会では、明日の朝の通勤・通学が大変ですね。受験生も今夜は明日の交通網のことでひやひやでしょう。
どうぞお気をつけて。

白樺のリース

昨日は白樺の皮で作るリース作りに参加してきました。あっ、でも生きた白樺の皮を剥ぐと枯れてしまうこともあるので、必ず伐採したり、朽ちて倒れた白樺の皮を剥いで下さいね。この材料も森で伐採した白樺の樹皮です。
白樺の皮はそのままでも良く、一皮剥けばベージュ色の綺麗な色と柄が出てきたり、裏側もまた味がある素材になったりします。そんな樹皮の色々な色や質感を利用して作る白樺だけのリースです。
でも少しのカーブがあるものの、大半は平面的な素材ですから、それで立体感や躍動感を出すのが意外と難しく、思った以上に苦労しました。でも悩んでいても仕方ないので、貼り付けて行くうちに何とかまとまって来ました。

  • 白樺のリース

    白樺のリース

  • 白樺のリース

    白樺のリース

  • わが家では色が合うので、壁に飾ったレースのポイントにしました。


一生懸命取り組んだ後のランチは、駒ヶ根名物ソースカツ丼です。
あー、これってわが家でも『インスタで妻のランチを二度見する』(サラリーマン川柳より)かな?

駒ヶ根名物ソースカツ丼

駒ヶ根名物ソースカツ丼

チョコ募金 春に黄色の綺麗なタンポポの花を咲かせますように

バレンタインのチョコレートをこれからご用意する方、こんな募金を兼ねたチョコレーをいかがですか?
戦場の子供達が今年はタンポポやタンポポ綿毛の絵を描いてくれました。中には北海道の六花亭のハート型のチョコレートが入っています。お申し込みは公式HPをクリックしてくださいね。
この募金の目的は
戦争の影響によってがんや白血病などにかかるイラクの人々が、医療を受けられ、命が助かることを目指し、①効率よく、②専門性をもち、③継続的に支援を行うとともに、 イラクおよび周辺国の人々が平和で安心できる社会作りに尽力する。また、国内外を問わず放射能汚染から人々を保護するために必要な活動を行う。(JIM-NET HPより)
です。
皆様の募金が綿毛となって飛んで行き、それが春に黄色の綺麗なタンポポの花を咲かせますように。

春に黄色の綺麗なタンポポの花を咲かせますように

霧氷

明日の朝はきっとこんなのが。
暖かくしておやすみなさい。

見上げた空

今日は外に出たら予想外に暖かく、風も冷たく感じず、この風が吹いていなかったら、お散歩程度でも汗をかきそうでした。
そんな1日も終わって、明日は冷え込み雪の降るところも多いようですね。
ここは微妙な境目。全国予報図を見ていると白く塗りつぶされたところにわずかにかかっているけど、地元の予報は曇りから晴れ。
皆様、暖かくしておやすみなさい。

夕暮れ

今日は日食の頃、ちょうど太陽は薄雲の中で観る事が出来ませんでした。前回はお客様と鳥見中に日食を観たこと思いだしました。
でも夕暮れ時は、南アルプスの上が燃えるように染まり綺麗でした。
お天気が続いて生活には楽ですが、少し雨や雪も欲しいところです。