ペンション あるびおん

八ヶ岳 小淵沢の小さな宿に宿泊して、静かな時間と体に優しいお料理をお楽しみください。

TEL.0551-36-4166

 E-Mail.p-albion@p-albion.jp

〒408-0041 山梨県北杜市小淵沢町上笹尾3332-1157

野鳥日記

片田好美 水彩画展「森と生きる」開催中

八ヶ岳美術館では3回目の開催となる片田好美 水彩画展「森と生きる」に行って来ました。標高1,350mの緑の中に静かに佇む八ヶ岳美術館は、日本全国うだるよな気温になっている今日でさえも爽やかな風に包まれていました。

八ヶ岳で暮らし、自然と共に時を過ごし、動物や植物を友として同じ目線で語りかけている・・・そんな森と生きている片田さんの作品は、キャンパスの中に森で生きるもの達をそっと移したようで、見つめるまなざしまでひたひたと感じさせてくれるので大好きです。オオワシの力強い作品から優しげな山野草の中に遊ぶ野鳥や小動物の作品まであり、八ヶ岳の四季折々を感じることができます。
作品に目を奪われるだけでなく、作品に添えられたキャプションや随筆に心地よく心が揺さぶられます。是非、ゆっくりこちらも読んでください。

開催期間は8月3日から10月1日まで会期中無休ですので、80点近い作品の中で、片田ワールドをお楽しみください。

  1. 8月19日の夕方:チェロとバイオリンのコンサート
  2. 8月26日:片田好美さんのギャラリートーク

もお見逃しなく。

  • 会場は春・夏コーナーと秋・冬コーナーと2箇所です。

  • 人気販売中のマグカップと原画の展示

館内撮影禁止ですが、美術館と片田さんに許可をいただき撮影しています。 

この美術館は日本を代表する建築家・村野藤吾の設計による建物で、ユニークな外観と柔らかく優しい内装も素敵です。美術館の周りの森はブロンズ広場や棒道へも続き、八ヶ岳の風にあふれる緑が揺れています。是非散策して『森で生きる』を体感してください。

八ヶ岳美術館公式ページ

  • やさしく揺れるカーテン越しの緑

アカゲラの宿

夏休みも野鳥に興味を持つ方が多くいらっしゃっています。昨日はゆっくりしてくれたアカゲラ君ですが、今日はカメラを横に置きながらアカゲラを待っていますが、遠くに来ていても中々近づいてくれません。
こんなことは少ないのに・・・

お客様が大きく動くと警戒するのですが、私たちが窓に近寄ってお掃除していても平気で来るんですよとお話ししたら、「じゃあ、私たちもお掃除しようかしら」と言う方も。でも、きっと私たちの顔を認識しているんだと思います。

そして、皆さんがチェックアウトのお支度にお部屋に戻り、私たちがテーブルの上を片付けていると、来ました来ました直ぐ近くに。
早速お部屋に「アカゲラ来ましたよ」と声を掛け、皆さんに間近でアカゲラを見ていただきました。
「アカゲラの宿」の名保持できました。

あるびおんは日本野鳥の会の協定旅館です。予約時にお申し出いただければ、夏休みでも会員価格でお泊まりになれます。当日は会員証をお持ちください。

あるびおんスタッフ皆でお出迎え

今月は厨房リフォームのため、来週あたりから6月いっぱいお休みに入ります。
それまでの駆け込み宿泊のように、連日多くのお客様が来て下さり、嬉しい限りです。感謝、感謝。
そんなお客様を私たちだけで無く、リスのアルルやアカゲラに加え、な、なんと孵ったばかりのジョウビタキの親子も、オオルリやクロツグミまで揃って綺麗な声でお出迎え。
お花も鳥も花盛りです。

この中のF様がお撮りになった看板の上のジョウビタキ親子。
『 あるびおん 市川様
大変お世話になりました。
おかげで、見たい鳥をじっくり見ることができ、皆満足して帰りました。
昨日の看板に親子で止まった写真を参考にお送りします。
これからもよろしくお願いいたします。』

  • ジョウビタキ親子

    ジョウビタキ親子

  • ジョウビタキ親子

    ジョウビタキ親子

冬鳥の代表、ジョウビタキです。
ご存じの方も多いと思いますが、八ヶ岳で近年営巣しているジョウビタキが幾例か見つけられていました。
まさかわが家の直ぐ近くで営巣していたとは、驚きです。
車で走行中に2,3度餌を運ぶ親を見かけたことが有りました。
近くで営巣をしているのかな?なんて思っていたのです。
先日の遠征で留守をしている間に巣立って、私に子供たちを見せに来たようです(笑)
嬉しい訪問者でした。

私たちの駆け込みGW

やっと午後半日のお休みが取れ、主人と芽吹きの中の鳥見に行ってきました。
もうGWの騒がしさが過ぎた林では、鳥運の良い私ですから、コルリが足下まで来てくれたり、胸の羽毛がふわふわ可愛いキビタキに会えたり・・・
そして一面たんぽぽの咲く野原ではコムクドリが気持ち良さそうに遊んでいました。
鳥より団子の私には、鳥友だちが美味しいケーキを持て来てくれ、一緒に鳥見を楽しみ、まだまだ綺麗な桜や花桃まで見られて、たった半日ですが、まるでGWをとりもどしてしまったようです。
さー、また明日からガンバです。
鳥の写真は主人におまかせ。

  • コムクドリ

    たんぽぽの中で遊ぶコムクドリ

  • キビタキ

    枝止まりのキビタキ

  • お山のケーキ

  • 芽吹きの林

    芽吹きの林

やっぱり野鳥の宝庫

この連休中も、野鳥に興味あるお客差がいっぱいでした。
連休中はガイドできないの、お客様にポイントをお教えすると、ご自分で見つけられる方は沢山の野鳥を観察して、写真を撮って戻って来られます。
中々ご自分では見つけられない方は、鳴き声だけで姿が見られないで戻ってくる方もいらっしゃいますが・・・(>_<。)

今朝は、朝食前に主人もポイントへ行って、野鳥を探して差し上げたようです。
とても良いところにオオルリが出たり、キビタキがいたり、そしてその後、サンコウチョウまで出てきたようです。
おるびおんの窓辺を見ていたお子様連れのファミリーさんは、アカゲラ見たりリスを見たり・・・こちらはこちらで楽々バードウィッチング、リスウォッチングを楽しんでいらっしゃいました。
やっぱりこの辺は野鳥の宝庫ですね!!

苔と野鳥 花とリス

ベランダに飾ってあるお花は、すべて苔でおおっています。これがこの時期、野鳥達の巣材として都合が良いようです。(*´∀`*)


ホンドリス

お客様の「あっリス」の声に

そして、しばらく来ていなかったリスが、GWのお客様に合わせたようにやってくるようになました。
苔に植えたお花の間を走り廻り、窓辺の水を飲みやってきたり、くるみをとりにやってきます。
子育て中なのか、時折あるびおんの枝で居眠りしていきます。もうじき子供を連れてやってくるかも知れません。楽しみだなー。

キバシリ給餌

キバシリ給餌

キバシリ給餌

先日主人とお散歩中に教えて貰ったキバシリの巣。
そのすから無事雛が巣立ったようです。
良かった!!
しかもわが家の近くで、標高1050m位。
こんな低いところで営巣したのでした。
無事に巣立ってくれて、安心しました。

野鳥ガイドに参加されたお客様からか

ペンション あるびおん様

昨日(4月30日)は、ガイドしていただき、ありがとうごさいました。
大変楽しく、また、勉強になりました。
特にオオルリを間近に観察できて、家内も大変感激しております。

さて、チェックアウト後、朝のポイントに行ったのですが、
ヤマガラが2羽おり、水浴びや羽づくろいの様子も間近で観察することができまし
た。
オオルリも高い位置でしたが、まだいましたので、美声を聴きながら楽しく観察する
ことができました。

高原の新緑の中での野鳥観察は大変気持ちよく、英気を養うことができました。
また、違う季節にお世話になると思いますが、その際はよろしくお願いいたします。
以上、お礼まで。

S様、先日はご利用いただきましてありがとうございました。

オオルリが観察でき、私もホッとしました。相手が自然の野鳥ですので思うようにいかな
いときもございます。
良い時期にあるびおんに来られたと思います。
時期を変えれば、また違う野鳥達との出会いがあると思います。
八ヶ岳の風に吹かれに、また訪れてください.

また雪が

アカゲラ

雪の中のアカゲラ

朝起きたら雪が積もっていて真っ白。
お客様の朝食時には、アトリ、シメ、カワラヒワがいっぱい。まるで鳥かご状態。珍しくヒヨドリがきて、アカゲラ追いかけ回していました。
これでは、裏の庭に折角頭を出したカタクリも、花が咲くのはもう少しお預けですね。

お仕事開始、エナガも営巣?

イタリアから戻って8日からお仕事開始。
今回は飛行機でも十分寝て家に戻ったのが真夜中の0時過ぎ。身体は眠くないのですが、そこで思い切って寝たのです。
その効果は絶大で、時差ボケを全く感じず、翌日から日本時間に身体が着いてきました。
帰って来たとき、眠くないからと向こうの時間に身体を合わせてしまうと、いつまでも時差ボケが続き、一ヶ月くらい真夜中でも眠れなくなったことがありました。

早速のお客様も野鳥の方々です。主人のガイドも始まり、まだオオマシコも待っていたくれたようです。
やはりお仕事始まると、身体も気持ちもシャキッとしますね。

あれれ、いつもは餌を食べると足早に去って行くエナガの集団ですが、つがいのエナガがいつまでもいます。
そして、ベランダに引っかかっていたビニール紐を少しずつどこかへ運んでいます。どうも裏庭で営巣しそうです。
今日は風が冷たい1日でしたが、野鳥達の春が始まっているようです。

  • 最新のあるびおんの日々

  • あるびおんのご案内

  • あるびおんの日々 カテゴリー

  • アーカイブ

  • QR コード

  • 北杜市検索