ペンション あるびおん

八ヶ岳 小淵沢の小さな宿に宿泊して、静かな時間と体に優しいお料理をお楽しみください。

TEL.0551-36-4166

 E-Mail.p-albion@p-albion.jp

〒408-0041 山梨県北杜市小淵沢町上笹尾3332-1157

旅行

カナダの秋旅2019🍁 9月26日(木)スティーブストン

快晴になりました。午後からリッチモンドの「スティーブストン(Steveston)」に来ました。日本人が100年以上前に初めて移民した場所。ここには数千人の日本人が居住していたカナダにおける日系移民の拠点でした。男性は漁業で、女性は鮭の缶詰め工場で働きながら生計たてていたそうです。今も朝は漁船が帰ってきて、新鮮な魚介類を売る市場がたつ漁港ですが、今日はもう終わっていました。今度はぜひこの市場が開いているときに来たいです。そして今や可愛い建物も多くたち、レストランも多い観光地にもなっています。
しかしここも、真珠湾攻撃のあと日系人は財産を没収され、カナダの奥地へと強制収容された日本人にとっては悲しい歴史もある町なのです。今日のように晴れ渡った空に輝く海を見ていると、本当にのどかそのものなのですが。

  • ハクトウワシ白頭鷲

  • 閉まってしまった魚市場

  • お店の番人は船の上の骸骨?

  • この箱の中に新鮮な魚介がいっぱい入って売っていたのかな???

スティーブンストンでは一応定番のパジョズ(Pajo’s)のFish&Tipsを食べることに。フレーザー川の上に浮いているお店で、橋を渡ってお店に入ります。ここのテーブルは穴が開いていて、紙でロート状に包まれた食べものをここにさして置くようです。今日はすいているけれど、オンシーズンには行列ができるそう。フィッシュアンドチップスはイギリスの食べ物として名前は知っているけど、あまりおいしくなさそうなイメージがあって食べたことはありません。でもここの熱々で衣がパリッと揚がったフィッシュアンドチップスは中々おいしかったです。このお店はテラスみたいなものだから、みんなが食べ散らかして食べています。その食べかすを狙ってカモメやカラスが隙を狙っているのですが、ギャーギャーなかないし、日本のトビみたいにさらっていくことなく、お客が席をたつまでじっと待っている姿がいじらしいです。

  • 橋を渡ってお店に

  • 何にしようかな?

  • 穴開きテーブル

  • タコス

  • Fish&Tips

娘の目的はここで美味しい魚介類を食べるとこなので、夕飯までおなかがすくように、可愛いお店見たり、ギャリーポイント公園(Garry Point Park)で海を眺めたり、元鮭の缶詰工場の後などぶらぶらして夕方のお店の開く時間までのんびり過ごしました。
澄んだお天気だったので、昼間は遠くワシントンにある、カスケード山脈の一つベイカーマウンテンが見えました。標高は3286mで富士山くらいですね。真っ白に雪を被っていました。

  • Garry Point Park

  • レトロな鮭缶工場の様子を描いた絵

  • ジョージア湾缶詰工場は現在博物館として当時の様子を伝えています。

  • 工場で働いていた人たちなのか3人でおしゃべりしていたので、私たちもそのその輪に加えてもらいました。

  • ワシントンにあるカスケード山脈の一つベイカーマウンテンが見えました。

  • 標高は3286mで富士山くらい

  • ベイカーマウンテン

そして私たちは日本人の経営するお寿司やさんへ。余りお腹が空いてなかったけど、シャリが小さくて、とても綺麗に握られたお寿司はとても美味しかった。娘はこのときばかりに、つぶ貝のウニ合えやあん肝など食べてる。

  • アン肝

  • ツブ貝のウニ合え

  • 美味しかったsinntaroususi[

また、お寿司を食べ終わる頃には、すっかり夜の帳も下り、水平線に残照が綺麗でした。タクシーの運転手さんに、この夕ぐれがきれいに見えるところを通ってもらって帰りました。今回のバンクーバー最後の夜です。明日はモントリオールに飛びます。

次の旅行記へ
初めからご覧になりたい方は
過去のカナダ旅行記一覧

カナダの秋旅2019🍁 9月25日(水)クイーンエリザベス公園

今日は午後から夕方までクイーンエリザベス公園で過ごしました。去年の6月に来たときよりずっと鳥が多くて、まだお花も沢山咲いていて、飽きることのない午後でした。バンクーバーはまだ紅葉の始まりで、少し色づいている木もあるくらいです。


  • <
この日見見られた鳥です。
  • 前回ここでは見られなかったハチドリとの出会い。

  • 美味しそうに蜜を吸うハチドリ

  • ヤブガラ

  • アカハラゴジュウカラ

  • アメリカコガラ

そして最後に公園を出ようとしたとき、激しい羽音が頭上をかすめて行ったのはフクロウとカラスでした。そして目の前の木に止まったのです。主人のカメラでは全身が入らないほど近くに。カラスはずっとフクロウの近くで鳴き続けていましたが、フクロウはカラスを気にかけながらも、私たちとアイコンタクトしてくれて、長い時間そこに留まってくれました。不苦労に会えたからか、娘の家まで歩こうとして、道に迷い、道を聞いた女性が車で送ってくれました。助かりました。今回フリーSIMが使えなかったことがちょっと痛手です。

アメリカフクロウとアイコンタクト

時折上にいるカラスを気にして。

追われてきたカラスも上に止まり、ギャーギャーと鳴いてフクロウを威嚇している。



次の旅行記へ
初めからご覧になりたい方は
過去のカナダ旅行記一覧

カナダの秋旅2019🍁 9月25日(水)バンクーバーの宿

バンクーバーのB&B

おはようございます。バンクーバー1日目はゆっくりと寝て、今は11時。日本は夜中の3時ですね。今朝は私たちが泊まっているところを紹介しますね。客室は6部屋、二階と地下にもあるみたい。一階は共用スペース。みなさん朝は自炊して食べてます。色々な国の方が泊まってまいますがみんなキッチンも綺麗に使っています。わたしたちの個室はバストイレ付きで一泊一人6000円くらいです。バンクーバーのホテルは高騰しているので、ここは凄く安いです。ホテルよりのびのび生活できますし、住宅街で静かで落ち着きます。娘の家とも近くてカナダラインで繋がっていますし、タクシーでもたいしたことありません。昨夜払ったのにもう忘れてる。(笑)
キッチンの外に可愛い犬がいます。わさおに似てる。

  • 場所は静かな住宅街

  • ベッドルーム

    広々したベッドルーム

  • バストイレ付き

    シャワーカーテンではなくガラスの引き戸が衛生的

  • ウォークインクローゼット

  • 共用キッチン

    共用キッチン

  • 共用キッチン

    共用キッチン

  • 共用リビング

    共用リビング

  • おとなしいわさお似の番犬

間単にブランチ

以上紹介しましたように、ちょっと豪華なシェアハウスみたい。B&BなのにBreakfastはでないので、みんなのんびり朝寝坊して、11時頃からゆっくりそれぞれのお国らしい食事をしている。私たちも今日はのんびり起きたので、11時半頃からブランチ。昨夜スーパーマーケットで買って置いたシーザーサラダにハム、トースト、コーヒーを並べてブランチ。これからクイーンエリザベス公園でも行って歩いてくるつもり。ずっと雨だったというRainクーバーも、なんと昨日から晴れている。ラッキー

次の旅行記へ
初めからご覧になりたい方は
過去のカナダ旅行記一覧次の旅行記へ
初めからご覧になりたい方は
過去のカナダ旅行記一覧

カナダの秋旅2019🍁 9月24日(火)Part2

ほぼ定刻のカナダ時間24日午前9時25分にバンクーバー国際空港に到着。また24日を過ごせるので、来る時は1日得した気分です。
娘が出迎えてくれて、こちらのシムを買おうとしましたが、私のスマフォにも主人のスマフォに入りません。私は新しいスマフォにするときに海外でシムが入るものと指定したはずなのに。(>_<。) シムがないとWi-Fiのない所で使えないので凄く不便ですが仕方ありません。(後で分かったのですが新しく買って100日はSIMロックを外せに決まりで、私が100日過ぎたときにdocomoに行ってSIMロック解除(3300円)してもらわなければいけなかたそうです。(>_<。))

バンクーバー国際空港


まずはタクシーで娘の家に荷物を置いて一休み。その後ガスタウンに向かいます。目的はいつものBlackFrogというお店。ここのハンバーガーが大好きなんです。早速頂きます。

  • メインストリート

  • カナダラインでウォーターフロントへ

  • ガスタウンのBlack Frog

  • 主人にもらったカメラで。手前はプーティン

  • ビックバーガー

お昼が遅く、夜はお腹も空いていいなかったので、メンストリートの美味しいと言われるお寿司屋さんで折り詰めにしてもらい、私たちはホテルで、娘は自分のお部屋で食べることにして、私たちは娘の家からタクシーで今夜のホテルに向かう。

次の旅行記へ
初めからご覧になりたい方は
過去のカナダ旅行記一覧

カナダの秋旅2019🍁 9月24日(火)Part1

いつのように中央がクシー空港便が9時に自宅にお迎えに来ました。Door to Airportだから楽ちんです。今日は二人で貸しきり。今回は初めてカナダエアなので成田です。✈
連休フルにお仕事して、帰って来たとき気持ちいいようにお掃除して洗濯して、最終的に荷物チェックして寝たのが遅かったので、タクシーの中でもグーグー。これから飛行機の中で寝ていくとバンクーバーの朝の着くので丁度良いのです。時間を戻るので、行きはもう一度向こうで24日を過ごします。
さて、今回は太平洋横断だけでなく、カナダ大陸も横断ですから移動が長い旅です。今のうちに休んで元気で旅しましょう。
いつもSkypeで会っていても娘に会えるのは嬉しい。行ってまいります。

次の旅行記へ
前の旅行記へ
過去のカナダ旅行記一覧

荷物

カナダの秋旅2019🍁 9月23日(月)

明日の朝、カナダへと旅立ちます。

今になって、直前の兄の死は喪失感や命の儚さに対する虚無感が襲ってくるのですが、この旅が一つの区切りをつけてくれるかも知れません。こうして予定通りに旅立てるのも、兄の粋な計らです。

何度行っても、広いカナダは行き尽くすことがありません。
取り合えずバンクーバーで3日ほどゆっくりして、娘も加わり3人でモントリオール2泊し、ケベックに向かい2泊します。そこからプリンスエドワード島3泊、トロント2泊しそのうち1日でナイアガラまで往復します。
このケベック~ナイアガラまでをメープル街道と呼ぶそうです。ただしその名は日本でのみ。紅葉の時期が合うかは運次第。でもフランス文化が色濃く残る街々を廻り、赤毛のアンの島に渡り、更にナイアガラの滝まで行くという盛り沢山の見所を押さえています。
ちなみに今回の行程はカナダ大陸を西から東まで横断し往復しますので、公共交通機関を利用する距離だけでもカナダ国内13,000km+15,000kmで合計28,000kmです。
飛行機 VIA鉄道、バス等を乗り継ぐ旅ですので荷物は小さくまとめました。

次の旅行記へ
過去のカナダ旅行記一覧へ

カナダの旅17 ホエールウォッチング(ビクトリア~バンクバー)

今朝はインナーハーバーから船に乗り込み、バンクバーに向けて出航。その途中でホエールウォッチングをするという一石二鳥の帰り方です。でも、まだ時間があるので博物館で恐竜展を観て時間つぶし。そして30分ほど前に窓口でバウチャーをだしてチェックイン。風が冷たいので、しっかりと長目のウィンドウブレーカーを着込みました。でも見ているとウォッチングにでる船もゴムゴートあり、小さな船も大きな船もあり、私たちはどんな船かな?

途中シャチは遠くに見えたものの鯨は観られませんでした。でもこのクルーズは見られるまで何度でも乗れるそうです。でもまたカナダな来なくちゃいけないし、ビクトリアにも渡らなくちゃならないし・・・・もう一度乗れるかな?

お土産を楽しんでいます。

今回の鳥撮りは本当に楽しかった。こちらは梅雨空だったようですが、あちらは晴れていて、鳥たちは本当に私たちを楽しませてくれました。
おまけに、ずっとキズは無いのにひりひり痛かった腕のひりひり感も温泉の作用かすっかり良くなり、1ヶ月ぶりにひりひり感から開放されました。
お土産は、卵を買って温泉で作ってもらった温泉卵と、野蕗、お婆ちゃんにいただいた採り立てキュウリ。
野蕗は今、干し椎茸と山椒の実を入れてきゃらぶきに煮ている途中。もう一晩かな?キュウリはキュウちゃん漬けとなりました。

キュウリのキュウちゃん漬けレシピ

  • この二人、何を語らっているのかな?

  • 伽羅蕗

    キャラブキ

  • キュウリのキュウちゃん漬け

    キュウリのキュウちゃん漬け

ふるさとの街

4箇所のお墓参りもみんな横浜市内中央に集まっているから助かります。夕方までに終わって、昨夜は今日の予定を考えてみなとみらいではなく山下町のホテルニューグランドに。私の生まれる前からあった古いホテルです。チェックインからお部屋への案内までたいおはさすがです。夜は
中華街で飲茶と麺類いたたき、これぞ中華街というスープに満足。
デザートは勿論ニューグランドでプリンアラモードです。ナポリタン、ドリア、プリンアラモードはここが発祥のお料理です。日本人シェフがアメリカ人のために考えたメニューなのです。本当に久しぶりのアラモードに(^o^)/~~

  • 牛バラ麺

    牛バラ麺

  • 海老麺

    海老麺

プリンアラモード

ホテルニューグランドのプリンアラモード

成田からドバイへ

2017年2月16日(木)~17日(金)

  • 成田~ドバイ
  • ジュメイラモスク~アル・ファヒーデ・オールドスーク・スパイススーク・ゴールドスーク・アトランティス・ザ・パーム・スターバックス・ドバイモール・バージュカリファ
  • Gateway Hotel ゲートウェイ ホテル (UAE ドバイ)
  • エミレーツエアEK0319便

      前置きがながかったのですが、成田で姉夫婦と合流、EK0319 成田22:00 発のこの飛行機でドバイに向けて出発しました。


      ドバイ空港

      ドバイ空港

      途中気流が悪く少し揺れたりして、到着は2月17日5時45分で1時間遅れです。
      ドバイの空港は広くて、タラップでおりて大きなバスに乗りかなり走ってやっと空港ビルに着きました。税関を出ると直ぐにアラビアンアドベンチャーの方の出迎えがあって、次に行くところを指示されます。そこへ行くと少し待たされて、今日のホテルへ車で送ってくれました。こんな早朝でも無料の送迎付きでホテルにチェックインでき、無料で朝食が頂けるのは、エミレーツにドバイでのストップオーバーを予約したからです。
      遅れたので一眠りするほどの時間はありませんでしたが、シャワーを浴びて朝食を頂きました。品数はあるのですが、アラビヤ料理っぽものもあり、少しずつとってみました。


      • ドバイの朝食

        ドバイの朝食

      9時には1日貸しきりで頼んだタクシーがホテルに迎えに来て、ドバイ観光をします。
      私はモスクの中にも入ってみたかったので、身体の線が出ないぶかぶかパンツをはいて、スカーフも用意して来たのですが、何と今日は金曜日でモスクの中には入れないそうです。がっくり。
      ドバイは夜中に雨が降ったようで、町全体が砂に煙っています。私は砂漠と言えばからりと晴れて、青空が広がっていると思い込んでいたので、町も車も窓も砂だらけのドバイが意外でした。高層ビルも霞んで見えます。

      ジュメイラ・モスク

      ジュメイラ・モスク

      中には入れなかったものの、一番美しいと言われるジュメイラ・モスクへ行き、ドバイの歴史的建造物を残しているアル・ファヒーデにも行きました。ここはドバイ博物館がその中心となって、1700年頃から残る建物も多くあるそうです。建物の基礎がサンゴで出来ているものもあり驚きました。


      • アラビアの住居

      • 自撮り

      • モスク

      • 木の実がいっぱい落ちてます。

      • レストランかな

      • サンゴで家の土台ができています。

      オールドスークではパシュミナのスカーフなど見て回りましたが、中には店内に引き込んで、1人が入り口に椅子に座って出さないような怖いお店もあり、気をつけなければなりません。(この時は姉と二人きりでした。)ここから小舟に乗り対岸のスパイススークへ。そこではサフランを買ってきました。ゴールドスークはきらびやかだけれど見るだけで十分。砂に煙る町を抜け、人工島のパーム・ジュメイラの先端に建つ大型リゾートホテル.アトランティス・ザ・パームを見ました。このあたりは高級マンションや別荘も多く、有名人たちが持っているそうですが、私はどんなにお金があっても、この砂に煙る土地に別荘やマンションなど持ちたくないです。高級車だって砂だらけだし。

      • オールドスーク

      • オールドスーク

      • 小舟で対岸へ

      • タクシーの運転手さんと勝さん

      • 対岸に着きました。

      • スパイススークでサフランを買いました。


      そして午後は世界一美しいスタバと言われているイブン・バットゥータモールのスタバに案内して貰いました。このモールはテーマパークのようになっていて、それぞれのエリヤが中東やアフリカのイメージで作られており、この中には3つのスタバがあるそうなのですが、目的地はペルシアゾーンのスタバです。本当にまるでペルシャのモスクのようなスタバです。

      • モザイクが素晴らしいスタバ

      • スタバにて

      しばしそこで休憩して、今度はドバイモールへ。私と主人は夕方5時30分のバージュカリファ展望台へ登る予約券を持っています。姉夫婦は以前に登っているので下でY住んで待っています。タクシーガイドもここ迄で終わり。こんなに砂に煙っていて、上から景色が見えるかしらと登って見ましたが、その割には見えました。上から見てみれば、高層ビルとビルの間は砂漠。これでは砂煙も納得。私はもっと砂漠全体が舗装されて出来てる町だと思っていました。
      タクシーで廻った割には意外と歩いたところも多く、すかっかり疲れてしまいました。ホテルに帰ってシャワー浴びて一眠りしてミラノへと飛びます。

      • バージュカリファからの展望

      • 砂煙りのわりには見えます