ペンション あるびおん

八ヶ岳 小淵沢の小さな宿に宿泊して、静かな時間と体に優しいお料理をお楽しみください。

TEL.0551-36-4166

 E-Mail.p-albion@p-albion.jp

〒408-0041 山梨県北杜市小淵沢町上笹尾3332-1157

ブログ

ボランティアとほろ酔い勉強会

昨日は久しぶりにボランティアへ。ここより標高の低い茅野は暑かったです。流れる汗が目に入って染みるの久しぶりに経験しました。でも汗流して、みんなで働くのって楽しいですね。もっともっと参加したいと思いますがなかなか。
今まで堆肥場には蓋をかぶせて、作業の度にそれを取り外していましたが、背の高い屋根を付けて、その下で切り返しなどが出来るように、男性が中心になり作り替えています。その屋根は草屋根にして色々な植物が自然に生えて、この庭と馴染むものにする予定になっています。この日は防水シートまで貼り終わり、来週はいよいよ軽い土を袋詰めして屋根に上げる予定です。午後も残って、午前中に終わらなかった球根を植込み、その後、屋根作りも残っていた数人とこの屋根の上でアイスキャンディー食べました。ハシゴで登るの少し腰が引けましたが、屋根の上から眺める諏訪中央病院の庭はまた一層素敵でした。7坪もある屋根の上は気持ち良い風が吹き、私はここに生える草になりたいと思ったほど。(笑)

  • 草屋根

  • 草屋根作り

午後2時からは「ほろ酔い勉強会」が講堂であり、今日は在宅緩和ケア医・内藤いづみ先生の講演とその後は内藤先生と鎌田實先生との楽しいトークでした。
こんな素敵な講演が、さりげなく聴けてしまうのもここならです。
でも午前中の作業が暑すぎて、私はちょっと頭がボーッとしていました。気をつけて運転して帰ってきました。

  • 内藤いづみ先生&鎌田實先生のトーク

都忘れをあなたに・・・

ミヤコワスレ 都忘れ

高倉健さんの好きだった花 都忘れ


裏庭を歩いていたら、優しい色に咲いた「都忘れ」を見つけました。本当は濃い紫だけど、余り陽が差さない林の中で、こんな色が出来たのだと思います。

ミヤコワスレは今は亡き高倉健さんの好きだったお花です。ここにお泊まりになったときに、お土産に私の作った押し花Candleを差し上げたところ、健さんはいくつかのCandleの中から、この色に似た淡い紫のCandleを選ばれました。
その後、もっと欲しいと幾つかご注文を頂いたときも、紫色をと。
そのだいぶ後でした、健さんがミヤコワスレがお好きだと知ったのは。

今日はこの花を見て、あの笑顔、あの声、あのまなざしが蘇りました。お母様の葬儀に立ち会えなくて、その後お墓にこのミヤコワスレを手向けた事が本に書かれていました。
今、あなたのお墓にはこの花が手向けられているのでしょうか?
今夜は八ヶ岳からミヤコワスレを・・・

絵画倶楽部 スケッチ旅行 in 花パーク・フィオーレ小淵沢

本日も朝からよく晴れて、絵画倶楽部のお客様は花パークフィオーレ小淵沢へ。
広い園内はほぼ貸しきり状態で、藤棚の下やネモフィラとポーピー咲く園内から南アルプスと対峙。都会はぐんぐん気温が上がっているようですが、ここはまだ爽やか。誰にも邪魔されずに絵に没頭できる場所です。夕方の送迎時間までごゆっくりどうぞ。

  • 藤棚と南アルプス

お花がお迎えします。モンタナ満開です。

庭の3箇所に絡ませたクレマチス・モンタナが満開です。午後から雨予報だったのでその前に撮って置きました。予報より雨は早く降り始め、午前中のお仕事終え、庭に出た途端降り始め、雨の中の庭作業。増えたお花や頂いた好きなお花の植え場所の開拓です。砂利を掘り出し、堆肥と新しい土を入れ、じわじわと花壇が増えていきます。雨が降っても、槍が降っても楽しい作業です。カッコウの声を聞きながら、見つけた小さな子供苗をあっちに移し、こっちに移し・・・。南側に行けば、古い新聞受けに営巣したらしいシジュウカラが私を嫌がり作業がしづらいです。
今、たっぷりと降っている雨でしっかりと根を張ってくれることでしょう。
あしたはお天気になりそう。絵を描くお客様の貸しきりです。山がすっきりと見えると良いいなー。お花も笑顔でお迎えします。

クレマチス・モンタナ

看板にからみ咲くクレマチス・モンタナ

「Hajime はじめ」のディナーと素敵な夜

一晩激しく降った雨も上がり、今日は願い通り、予報通り朝から晴れて、絵画クラブのご一行様も素敵な山々を描いてお帰りになりました。ほっ!

わが家の下に出来た『Hajime』というお店は、先にご紹介したようにお昼はちょっぴり贅沢なお蕎麦屋さんですが、夜はフレンチディナーのお店です。昼の「蕎麦 Hajime はじめ」
10日に女性3人で行ってきましたー。一番Hajimeの前菜は新タマネギのムースにキャビアと雲丹のトッピングが美味しくて、見た目より中に雲丹がたっぷりで、ガツーーンときました。続いて生牡蠣のライムソース、ほんのり薫製されたお魚のサラダ、ずっしりと重たくて具沢山の美味しいパン、色とりどりのお野菜のバーニャカウダーはカニ味噌で頂きました。これがまた美味!更にお魚料理と松坂豚(牛ではありません)のお肉料理、〆のぶっかけ蕎麦、ブラマンジェといちごのアイスのデザート、コーヒーと桜葉のガレット。思っていた以上にお野菜と海の幸が多くて嬉しかったです。おしゃべりが弾んで、写真を撮り忘れそうになったり、ボケてしまったり、お料理の詳しい内容もうつろになってしましましたが、ご報告させていただきます。


  • 新タマネギのムース 生雲丹とキャビアのせ

  • 生牡蛎のライムソース

  • 軽く薫製したお魚のサラダ

  • カニ味噌で頂く地元野菜のバーニャカウダー。

  • お魚料理

  • 松坂豚の西京味噌焼き

  • 〆のぶっかけ蕎麦

  • ブラマンジェといちごアイス

  • コーヒーと一緒に頂く桜葉のガレット。塩味が美味しい。


お店の営業のお問い合わせは下記にお願いいたします。

  1. 山梨県 北杜市 小淵沢町上笹尾 3323-1223
  2. 050-3550-0423
  3. 定休日 火曜日
  4. 昼 蕎麦コース2600円~ 夜 フレンチコース5400円~
  5. 昼の「蕎麦 Hajime はじめ」

さて、気がつけば暮れ始めたばかりだった外もすっかりと夜の帳に包まれ、見上げた空には星がきらめいていました。一番の贅沢は、こんなお店を出て、フクロウの鳴き声が聞こえる道を歩いても10分でわが家だと言うこと。勿論若い女性の一人歩きは危険ですから車でかえりましたが。
おやすみなさい。

きれい好きなアルル

朝食時にやって来たリスのアルル。お客様と一緒に白樺に塗ったバターをなめています。本当はそれはアカゲラ用なんだけど・・・その後手や足についたバターを綺麗になめています。やっぱりベタベタして気持ち悪いのかな?

初夏のイベント、見所、花々色々

寒い冬をジッと耐えてきた八ヶ岳や周辺の高原では、山野草が花開き、新緑が日々広がる中、至る所でイベントやお祭りが次々開催されます。ペンションあるびおんの旬の情報をご覧になり、この若緑の溢れる高原の初夏をお楽しみ下さい。
電車でいらっしゃる方は、あるびおんのオーナーによる観光 写真撮影ガイドもご利用下さい。周辺施設の情報、美味しい情報、季節にあった情報を持っているガイドで充実した旅をお楽しみいただけますよ。

  • 入笠山の鈴蘭 すずらん祭り
    2018年5月26日(土)〜6月24日(日)

  • 高原に咲くレンゲツツジ

子供の日

昨夜から鳥にとても興味を持ったご家族がお泊りです。今朝は5時すぎには起きて、窓辺でアカゲラやリスを待っていたようです。リスのアルルは子供の日に合わせて、早朝から大サービスしてくれました。胡桃もテイクアウトだけでなく、ちゃんと見ている前で食べていたようです。
朝食後は主人と野鳥ガイドツアーへ。図鑑でたくさんの鳥のことを知っているいますが、今日はどれだけ本物に会えたでしょうか。
これからが楽しみなちびっこバーダーさんでした。

ニホンリス

夏毛になったホンドリスのアルル

蕎麦 Hajime(そば はじめ)

小渕沢の、それもペンションあるびおんの並び(と言っても前の坂道を徒歩10分弱下ったところ)にお蕎麦屋さんが出来ました。私のお気に入りだった高根の紬山荘のシェフだった方がオーナーシェフのお店です。うわさを聞いてて、待ちに待っていたお店です。

Hajimeは十割蕎麦を中心としたコース料理のお店で、お蕎麦屋さんとしてはちょっと敷居が高い感じですが、早速2600円のランチコースを頂いて来ましたが、期待を裏切らないお蕎麦とお料理でした。
大きな窓からはアカマツの緑が広がり、店内は落ち着いた、お洒落な空間となっています。

ランチの2600円のコースメニューは

  1. 前菜
  2. 小さなお蕎麦
  3. 天ぷら
  4. サラダ
  5. お蕎麦(数種類から選ぶ +200円から500円の追加料金になるものもあり)
  6. デザート
  7. コーヒー、紅茶などは別料金で350円 


その日のお薦め料理(この日は牡蛎)などもあるので、予算は3000円~3500円と見ておいた方が良いかも。
ランチの5000円コース お夕食の5000円コースはフレンチとお蕎麦を楽しめるコースです。こちらも是非頂いてみたいと思います。

夜のフレンチコースはこちらでご覧ください。

  • 前菜 蒟蒻の甘辛煮山椒、わさびの茎の醤油漬け、鴨、菜の花のお浸し

  • 小さなお蕎麦 蕗味噌ののったぶっかけ蕎麦

  • 天ぷら 塩でも良し、ぶっかけ蕎麦の汁で食べても良し。

  • サラダ 鰆の軽い薫製が美味

  • 摺り胡麻のつけ蕎麦

  • スダチ蕎麦(+200円)

  • デザート 韃靼そば茶のブランマンジェと桜のアイス
  • コーヒーと小さなマドレーヌ 350円

店内

  • 沢の新緑が眩しい

  • シックな店内

  • カウンター

お店の営業のお問い合わせは下記にお願いいたします。

  1. 山梨県 北杜市 小淵沢町上笹尾 3323-1223
  2. 050-3550-0423
  3. 定休日 火曜日
  4. 昼 蕎麦コース2600円~ 夜 フレンチコース5400円~
  5. 夜のフレンチコース

蕨のあく抜き

わらびのあく抜きと言えば灰か重曹。ところがどちらも急いでいるときに限って見つからない。
ふっと小麦粉でもいいと聞いたこと思いだしてやってみた、な、なんとも綺麗な色に仕上がり、いとも早くあくが抜けてビックリ。
いい加減な量ですが、水1リットルに小麦粉大さじ4,5杯を良く溶かしてから沸騰させ、そこに塩とワラビを入れて3~4分ぐらい茹でて、直ぐに水で洗って終わり。冷めるまで小麦粉液に浸して置く必要も無し。時短であくもすっかりと抜けていました。
今日はワラビと椎茸の肉巻きです。

ワラビ

小麦粉であく抜きしたわらび