ペンション あるびおん

八ヶ岳 小淵沢の小さな宿に宿泊して、静かな時間と体に優しいお料理をお楽しみください。

TEL.0551-36-4166

 E-Mail.p-albion@p-albion.jp

〒408-0041 山梨県北杜市小淵沢町上笹尾3332-1157

ブログ

ボランティア勉強会 ガーデン巡り

昨日のbazaarに引き続き、今日はボランティア勉強会でした。清里清泉寮のお庭、萌木の村のお庭、小淵沢の薬用植物園を巡って来ました。ガーデンの案内をしてくださる講師は富士見で花苗を作っている板村さんです。病院のお庭の指導や花苗を寄付していただいたり、いつもお世話になっている方です。また薬用植物園では職員お方の説明も受け、新しい知識も増え、又病院の庭造りに役立てて行けたら嬉しいですね。
本日も昨夜からの雨に気を揉みましたが、どこも雨上がりの緑とお花がとても素晴らしく、改めて緑やお花の持つ力の素晴らしさを感じた1日でした。薬用植物園では広々した緑の中で、キッチン・ハートランドさんの出来たての手作り弁当を美味しくいただきました。
今年は勉強会の担当だったのですが、皆様のご協力で無事終わり、今夜はホットしています。

  • 清泉寮新館玄関前の庭

  • クレマチス満開の清泉寮の庭

  • ちょっぴり雨も。

  • 萌木の村ガーデン

  • グリーンボランティア 33名参加

  • ハンギングの展示

  • 薬用植物園でお弁当のランチ

  • キッチン・ハートランドさんのお弁当、好評でした。

  • 薬用御植物園は職員の方のご案内で。

  • 薬効や毒性についての説明も受け。

  • 新しい知識も増え、庭造りに役立てましょう。

諏訪中央病院グリーンバザー

諏訪中央病院グリーンボランティアによるグリーンバザーでした。心配したお天気も何とか持ち、爽やかな緑の中のグリーンバザーでした。
畑でとれた新鮮野菜のサラダパックや花束が人気でした。
今年も多数のご来場ありがとうございました。売り上げや寄付金は、病院のお庭の花苗や球根を買ったり、作業に必要なものにつかわせていただきます。
今年の賄いランチはカレーと低温調理のゆで豚サラダとスパイシー鶏唐揚げでした。食べ物係は皆さんに『ありがとう』『ごちそうさま』とねぎらわれ役得ですが、bazaarの品物作り、準備、売り子さんで活躍した皆様こそご苦労様でした。

  • サラダパック

    朝採り野菜でサラダパックを作っています。エシャロットやラディッシュ、ワイルドベリーで彩りもよく。

  • 可愛いカートに乗せられたサラダパック

  • お庭のお花もお客様をお出迎え。

  • ここをお散歩する患者様からお手紙をいただき、一同ほろりとなりました。

  • 皆が作った花の苗や野菜の苗も販売

  • お庭の花で作った花束も人気です。

  • ワイルドベリーの浮いたハーブティーはサービスです。

  • 今年も薪で炊いたごはん。最後にターメリックとバターを入れて。

  • 先生方もご一緒にランチタイムです。

  • 緑の中で好きな場所で。

  • 皆様お疲れ様でした。

波留美レシピにアレンジして 塩糀 花蜜入り

さー、お三時のおやつですよ!!
昨日初めて作った室温発酵のパン。そのままでは気の済まない私は、今日は波留美レシピで。
塩5gは塩糀50cc、砂糖大さじ1杯はココナッツの濃縮花蜜大さじ1杯に替え、液体が増えたので、その分ぬるま湯は130ccに減らし、オメガ3の多いチアシードとくるみを加えて。

今日は室温が低いため最後の40分の発酵では足りず、窓辺の暖かなところで更に40分。塩糀のお陰か、ゆっくり発酵のお陰か、昨日よりしっとりもっちもっち。外の皮が固めが嫌な方は、焼きたてパンに霧を吹きましょう。私はカリカリ派、主人はしっとり派です。

  • 本日はこんがりきつね色。花蜜入りのためでしょうか。

  • 塩糀のお陰か、ゆっくり発酵のお陰か、昨日よりしっとりもっちもっち。

  • 今日の材料

  • 5分捏ねて、50分寝かします。

  • 空気を優しく抜いて16分割して、切り口を隠すように丸める。濡れ布巾かけて10分置く。

  • 綴じ口を上にして優しく伸ばし、もう一度丸めないしてパン型に並べる。

  • すべて丸め終わったところ。ここから40分ベンチタイム。

  • 濡れ布巾をかけて40分おいたところ。今日は室温低く、40分+窓辺の暖かなところで40分追加でした。予熱したオーブンで190℃15分焼く。

  • この本の基本のパンをアレンジして

賄いは室温発酵のパン

さー、今日もよく働いてくれた華ちゃんの賄いは焼きたてパン。
二人でメーキングしている間に生地を寝かせて、華ちゃんが水回りのお掃除している間に丸めて、寝かせて、終わった頃には焼き上がり。
初めて作った室温発酵のパンです。
丁度主人も野鳥ガイドから戻って3人でアッチッチと言いながら。
中身はイタリアで買ってきたスモークチーズとゆでたてゴールドラッシュ(トウモロコシ)、ウィンナーのミックスです。

スクウェアパン型付きで買ったレシピ本通り、超簡単でした。

  • 中身はイタリアで買ってきたスモークチーズとゆでたてゴールドラッシュ(トウモロコシ)、ウィンナーのミックス

  • 室温発酵

あるびおんスタッフ皆でお出迎え

今月は厨房リフォームのため、来週あたりから6月いっぱいお休みに入ります。
それまでの駆け込み宿泊のように、連日多くのお客様が来て下さり、嬉しい限りです。感謝、感謝。
そんなお客様を私たちだけで無く、リスのアルルやアカゲラに加え、な、なんと孵ったばかりのジョウビタキの親子も、オオルリやクロツグミまで揃って綺麗な声でお出迎え。
お花も鳥も花盛りです。

この中のF様がお撮りになった看板の上のジョウビタキ親子。
『 あるびおん 市川様
大変お世話になりました。
おかげで、見たい鳥をじっくり見ることができ、皆満足して帰りました。
昨日の看板に親子で止まった写真を参考にお送りします。
これからもよろしくお願いいたします。』

  • ジョウビタキ親子

    ジョウビタキ親子

  • ジョウビタキ親子

    ジョウビタキ親子

冬鳥の代表、ジョウビタキです。
ご存じの方も多いと思いますが、八ヶ岳で近年営巣しているジョウビタキが幾例か見つけられていました。
まさかわが家の直ぐ近くで営巣していたとは、驚きです。
車で走行中に2,3度餌を運ぶ親を見かけたことが有りました。
近くで営巣をしているのかな?なんて思っていたのです。
先日の遠征で留守をしている間に巣立って、私に子供たちを見せに来たようです(笑)
嬉しい訪問者でした。

大名タケノコと北海道のカレイ

朝は南と北から同時に贈り物。
南の鹿児島からは堀立の大名タケノコ、北からは釣り立ての大きなマガレイと宗八カレイ。
大名タケノコは初めてのものですが、こちらの破竹と似ていますが、味は似ても似つかぬもの。固い皮を剥くと真っ白なタケノコは、そのままかじっても、柔らかくエグミがなく、あまーーい。(..;)””””> ポリポリ味噌マヨネーズでもいただいても美味しい!!
カレイはいつものように、大きなののは煮付けや唐揚げ、こぶり(余りないけど)塩水に浸けて、軽く干します。今は花粉が凄いので、キッチンぺーぱーを掛けて干そうかしら。

  • 大名タケノコ

    大名タケノコ

  • 大名タケノコと北海道のカレイ

    大名タケノコと北海道のカレイ


「カレイとタケノコの煮付け」、「タケノコの天ぷら」

「カレイとタケノコの煮付け」、「タケノコの天ぷら」

お仕事終え、いそいそと鳥撮りに出かけようとしている主人。今日は泊まりがけらしいので、一刻も早く出たがってる彼を無理矢理引き留めて、10分で煮付けて、揚げた「カレイとタケノコの煮付け」、「タケノコの天ぷら」を無理矢理食べさせました。だってこんな採りたての大名タケノコの美味しいさ、いつでも味わえるわけでもないし。
憎たらしいと、もう二度とごはん作ってあげるものかと思うのですが、お節介おばさんは、また面倒見てしまいます。


塩と調味料で味を軽く付けた(2時間)中ぶりなカレイは干します。
今、コナラの花殻と花粉が舞うので、車がまっ黄色。なので、カレイもキチンペーパーかぶせて、花粉がかからないように。
大きなカレイは薄く薄く塩麹塗ってピットシートで2,3時間水分抜いて、冷凍します。そうすると身が締まって、煮付けても崩れず、焼いても、揚げても美味しくなります。
あーお休みで主婦は忙しいーー。

ギンラン ササバギンラン

あれからわが家のそこかしこにあるギンラン?ササバギンラン?らしきものを見ていますが、曖昧です。
それぞれ違うものをアップして、専門家に聞いていました。

  • ササバギンラン

    ササバギンラン

  • ギンラン

    ギンラン

  • ギンラン

    ギンラン

  • ギンラン

    ギンラン

  • ササバギンラン

    ササバギンラン

  • ササバギンラン

    ササバギンラン

後日、別の方から1番目はクゲヌマランではとの指摘がありましたが、色々調べましたが、一緒に並べてみないと分かりません。
どちらにしても、「菌根菌」と生きる植物で、移植が出来ない貴重なものなので大切にします。

イチヤクソウ

イチヤクソウ

同じく菌と共生するイチヤクソウが蕾を持ちました。咲くまでもう少し。

ラショウモンカズラ(羅生門葛)

ラショウモンカズラ(羅生門葛)

ラショウモンカズラ(羅生門葛) 5月17日撮影

大好きなお花なのに、名前の由来(羅生門で渡辺綱が切り落とした鬼女の腕に見立てた)が気にいりません。林の明るいところや、下に下る枕木の階段の横に増えています。こうして色々なお花が、それそれに自分の居場所を自分でも探していく。それを見つける楽しさもありますね。
昨日、雨の中で小さな小さなあれをまた見つけたのです。後で写真を撮ってきます。