ペンション あるびおん

八ヶ岳 小淵沢の小さな宿に宿泊して、静かな時間と体に優しいお料理をお楽しみください。

TEL.0551-36-4166

 E-Mail.p-albion@p-albion.jp

〒408-0041 山梨県北杜市小淵沢町上笹尾3332-1157

あるびおんの日々

あるびおんトップページへ

「ペンションあるびおん」の日々の出来事をつづってあります。
 
ブログ一覧

ブログ一覧

こぶしの木、お疲れ様でした。

昨日、病気になって回復しないコブシの木を切ってもらった。
あるびおんを30年以上も見守ってくれたシンボルツリー。切り株一つは記念に残すことに。裏の林で、一休みするときの使おう。
コブシの木、毎年白い花をありがとう。心地よい日よけをありがとう。御神酒とお塩を供えて二人でお礼を言った。

雪割草の群生を夢見て

夜中に一時激しく雨が降りました。木々や花達が大喜びしたことでしょう。
数日間掛けて、雪割草を200株くらい植え込んでまだ1~2週間目。林の中は涼しいとは言え、乾燥は禁物なので雨が降ると嬉しいです。植込みの時、いただいた方にはこのまま山土に植えれば大丈夫ですよと言われたのに、過保護なくせのある私は、一穴一穴の奥に根が伸びてきたときにと元肥を少し入れ、根にそれがまだまだ触れないように自家製落ち葉堆肥をいれ、更に新しい鹿沼土を入れて根を広げて一株一株植え込んだので未だ右手が腱鞘炎再発です。段々葉が立ち上がって元気に育っています。来春を楽しみに、毎日葉を眺めています。大きな花壇はレンゲショウマの小苗と雪割草を。やがてレンゲショウマが葉を広げ、雪割草を守ってくれるように。中花壇はヤマシャクヤクの子苗と雪割草を。こちらも雪割草が咲くときは雪割草だけだけど、夏になると葉を広げたヤマシャクヤクが雪割草を守ってくれるように。新しく作った築山風のところや、木陰の隙間からも咲くようにあちら事らに植えてあります。どこが一番お好みか・・・来年の成長をみて、また植え替えるかも知れません。それにしても、こんなに沢山の雪割草が新潟からはるばる我が庭に来てくれるなんて・・・幸せです。これは雪割草保存会の方が大事に種から育てた3年苗で、広く多くの方に育てて欲しいと、わが家のブログを見ている方から届いたものです。どうかこの子達がわが家を気に入って欲しいです。

  • 蛎殻花壇は湿り気の好きな九輪草用に少し掘り下げた花壇。その向こうに築山風にして雪割草を

  • 植えた時より葉が立てきまいた。順調のようです。

  • ここは九輪草を植えたけど、斜面で乾燥気味で、九輪草がお気に召さなかった花壇、九輪素には少し堀下げて水が溜まる様にした花壇にお引っ越ししてもらって、左の大きな花壇は蓮華ショウマの子供苗(わが家で増えた)と雪割草。やがて春には雪割草、夏にはレンゲショウマの花が揺れることでしょう。レンゲショウマの葉は雪割草を夏に木漏れ日から守ってくれます。右の少し見える中花壇はヤマシャクヤクの子供苗(これもわが家で増えたもの)と雪割草。

  • 山アジサイコーナとその向こうにこれまた九輪草用に少し少し堀下げた花壇。こしたら九輪草はむくむく元気になりました。

  • レンゲショウマゾーンでは沢山の花茎からレンゲショウマの蕾が立ち上がっています。そのバックには黄蓮華ショウマが花盛り。ここにはサラシナショウマもあって、三升麻がソロています。


  • ☆八ヶ岳の宿泊は山野草ガーデンのあるペンションあるびおん

ビカクシダ・コウモリラン

皆様、リニューアルの告知に対して、応援のコメント、沢山のいいねをありがとうございました。こんな時に・・・の気持ちはなくはなく、でも皆さんの応援で心強くなりました。感謝。

写真は玄関に飾ってあるビカクシダ(コウモリラン)です。これはお友だち所有のものですが、今はお世話が出来ないの預かっています。この子はお友だちがお友だちから頂いて育てていたのですが、ちっとも大きくならず、手のひらにのるくらいの、今にも消えそうな状態で私の元へ持ち込まれ、相談されました。それでその場で新しい水苔で仕立て直し、発酵活力剤えひめAI2をもって帰り、その後えひめAI2を使いながら一所懸命お友だちが育てて、こんなに立派になりました。そんな経緯があるので、預かっていてもとても愛おしいです。

ビカクシダ・コウモリラン

ビカクシダ・コウモリラン

内装リフォームのため休館のお知らせ(8月27日~9月17日)

今年の夏休みも緊急事態宣言の中で迎えることとなり、ペンションあるびおんも大きな痛手を受けています。しかし、やまなしグリーン・ゾーン認証・変異株対策強化をして頑張っています。この夏も安全に乗り切りたいと思います。
どうぞ宜しくお願いいたします。

そしてお知らせです。8月27日から9月17日まであるびおんは休館させて頂き、館内の内装リニューアルします。抗ウィルス、抗菌壁紙を使い、換気もまた更に整え、リモートワーできるお部屋も作ります。ご家族でワーケーション出来る宿、ペンションに生まれ変わります。今まで通りのお部屋も綺麗になります。
リニューアルを手がける「チームあるびおん」はFB仲間でもあるアイリンク・コンサルタント・加藤 忠宏 先生や吉野聡建築設計室・吉野 聡 さんなど気心知れた仲間で心強いです。
更に、更に安全対策を整えたペンションで、安心、安全、快適にお過ごしください。
今、出ることが出来なでい我慢している方は、是非このリニューアル後にいらしてください。
コロナ禍の出口が見えたと思うと、又見えなくなるの繰り返しでしたが、あるびおんは希望を持って前向いて歩いています。きっとその先には明るい未来があると信じて。

あるびおん玄関

あるびおん玄関

メンテナンスと花のこと

朝は雨だったのに、思いがけずに晴れた1日。ちょっと予定外だってけど、晴れたお陰で充実した1日。午前中は全室の網戸洗いと窓ふき。午後は二人でカットに行き、その後主人は循環風呂の濾過器のメンテ。その間に私はお風呂掃除と大物の洗濯。夏休み中は手が回らないことを今しておきます。こちらはすっきり片付いきました。
さて気がかりなこと。昨年に続き今年もコブシの葉にシミが出来て、毎日毎日大量に散って、玄関前の階段や花壇に降り積もります。昨年は街路樹でも被害があったとか。オープンの時からあり、毎年白い花を咲かせてくれたコブシです。でも去年病気になってから、今年は数輪しか咲きませんでした。こんな大きな木の病気を治すにはどうしたら良いのでしょうか?
明日写真をアップしますね。
写真は昨年15センチくらいの枝を数本頂いて挿し木したヤマアジサイ「くれない」です。一年でこんな花が咲きました。白く咲いて、やがてまっ赤になります。花が終わったら地面におろすつもりです。

山アジサイ くれいない

山アジサイ くれいない