ペンション あるびおん

八ヶ岳 小淵沢の小さな宿に宿泊して、静かな時間と体に優しいお料理をお楽しみください。

TEL.0551-36-4166

 E-Mail.p-albion@p-albion.jp

〒408-0041 山梨県北杜市小淵沢町上笹尾3332-1157

ブログ

"裏庭"の検索結果:84件

クマガイソウ(熊谷草)

お料理は考えるより先に手が動くのに、庭仕事は、どこに植えようか?これが咲くとどんな雰囲気になるかな?とか、いくつ芽が出たとか出ないとか、思い悩むことが楽しくて、眺めているのが楽しくて、中々手が動きません。
それでも今日は山アジサイを6株、土留めも兼ねて斜面に植えました。フシグロセンノウの穂差しもしました。自宅が職場だと中々休めませんが、こうして仕事の合間に庭仕事ができるのが良いですね。

クマガイ草が今年も5芽増えて、揃って咲き始めました。
西向きの裏庭では、みんな夕陽の沈む方を眺めるように整列しています。でも後ろ姿も葉が陽に透けて綺麗です。

  • クマガイソウ(熊谷草)

    クマガイソウ(熊谷草)

  • マガイソウ(熊谷草)

    マガイソウ(熊谷草)

  • マガイソウ(熊谷草)

    マガイソウ(熊谷草)夕陽に向かっている姿は、プリーツのマントを羽織った修道女が祈りを捧げているみたい。

カタクリやっと咲きました。

今日も暖かくなりそうですね。
昨日も少し暖かくなったので、やっとやっとカタクリの蕾がみんな開きました。でもまだ10輪くらいです。150株くらいは咲く予定ですが、昨年の夏から秋に裏庭を改造するため掘り起こしたので、今年は大きな芽の出が少ないように感じますが、これからでて欲しいです。片葉の子供や孫はいっぱい元気に出てきています。

山野草ガーデン(Harumi Cafeterrace 掲示板)もどうぞよろしく。

カタクリ

カタクリ カタカゴ

ネコヤナギの花

12月に切り花で頂いたネコヤナギ。長い間楽しんでいますが、花瓶の中では根を生やし、枝からは新芽も伸びて、雌雄区別のつかなかった、白い肌触りの良かった花序は、雄株からは花粉いっぱいの無数の雄花を咲かせ、雌株からは雌花を咲かせています。
春になったら下の湿り気の多い所に植えようと思います。
こんな時、斜面の庭は乾燥したところも、湿ったところもあってなかなか便利です。先日部屋からこの庭を見下ろしていたら、フクロウがふわーっと低空で舞ってい横切って行きました。モグラとか餌があったのでしょうか?
写真は花粉がいっぱいの雄花ともう一方は雌花ではないかなと思われる花です。

  • ネコヤナギの花粉いっぱいの雄花

  • ネコヤナギの雌花かな?

  • 裏庭

あなたは何もの?

今年は至る所福寿草が早く咲いている聞いていますが、皆様のところはいかがでしょうか。
標高1000mのわが家では、通常は早くても3月の中旬から4月のはじめに咲く福寿草ですが、ここに投稿した福寿草は、わが家の裏庭の植えた覚えのないところ(通路)に1月30日蕾がでているのを見つけ、急いで鉢上げしたものも、暖かなお部屋に入れたので間延びしてしまったようですが、今綺麗に咲いています。そして花壇の福寿草も蕾を見せています、いつもより一ヶ月早いです。
でもこの鉢上げしたお花ですが、福寿草にしては花が小降り(直径3cm)で、萼片が花びらに対して短いのです。もともとわが家ある福寿草は過去の写真(3枚目)をみても萼片は長いのです。
どこから、いつやって来たのかわからないのですが、この新顔の福寿草はもしかして陸奥福寿草(ミチノクフクジュソウ)でしょうか?それとも園芸種なのでしょうか?どなたか分かったら教えて下さい。1,2枚目は新顔の福寿草。3枚目は元々わが家にある福寿草です。

  • 庭に出ていた様子と開花した状態

  • 咲いた花の萼片の様子。花弁より遙かに短い。

  • 元々わが家に咲く福寿草

今日のガーデニング

いつもは涸れ沢が、今日はこんないい景色。

裏の清流。いつも流れてくれた良いのに。


苔むしたブロックが裏庭に転がっていたので、それを使って四角花壇作りました。
四角ではつまらないので、これまた苔むした石を運び角に置きました。
更にブロックの穴が気になるので、穴がそしてブッロクがランナーでおおわれるよう、雪の下と十二単植えてみました。
花壇の中はまだ岩手リンドウだけです。また上の庭から適当なもの探して、春に咲くお花でも植えましょう。

花壇

後は何を植えましょうか?

ご褒美

午後クレマチスのツルを整えていると、主人が急に鳥撮りと八ヶ岳倶楽部に行こうと言い出し、このところガーデニングばかりで付き合いが悪かったのでお付き合いしてあげることに。

出かければ出かけるでそれは気分転換にもなり楽しいです。目的とする鳥には会えませんでしたが、青空とひんやりした風が心地よく私は景色を眺めているだけで満足。

八ヶ岳倶楽部に寄ると、宗助さんがいらしてカナダの庭やガーデニングの話しに。すると入荷したばかりのガーデニング用にぴったりとK-WAYのレインウエアを薦められて、着てみるとサイズも色も良く買ってしまいました。
一昨日まで少し位の雨の中でも裏庭の開墾をしていたけど、これからはお天気続き。しばし出番はなさそうだけど・・・
でも、こういうのも出会いで、ずっと頑張って来たご褒美かも。
ご主人様、今日誘ってくれてありがとう。

宗助さんもまこお嬢様がお手伝いしてくれているのが、とても嬉しそう。奥様の直子さんと一家で八ヶ岳倶楽部を盛り上げていますね。
お互い元気で夏を乗り切りましょう。

  • まこさん、柳生宗助さんと

  • イタリアでは雨具持ったと言う代わりにK・WAYもったと言うほどみんなが愛用しているレインウエア。ロング丈で下からもファスナーが開くのでしゃがんだ作業もしやすそう。

雨が小康状態になる度に裏庭に出て、根っこが縦横無尽に張っている林を開墾した花壇。昨年のこぼれ種で出来た九輪草の苗を150株くらい植え込みました。斜面の下で、そのしたには川も流れているので九輪草好みだと思うのですが。全部が花を咲かせてくれると良いな。
これから少しずつ川から石を運び、周りを整えます。


木と木の間には自然に生えた延齢草の子供が6株ある周りを開墾しました。根っこだけで一山出来るほど抜き取りました。自然の腐葉土と黒土は最高の用土。それに鹿沼土を少し混ぜて九輪草の苗を植え込みました。
大きくなーれ。花よ花よ綺麗に咲いておくれ。  

雨に日に

九輪草の花壇が一杯一杯できつそうなので、梅雨入りを予測して、家の周り3箇所に九輪草花壇を作り移植しました。
湿っぽいところが好きな九輪草なので、屋根から雨が落ちてくる場所、一段高くなった花壇の下などに。
雨降りの今日は、その場所に雨が落ちるかなど確認。

今年の種が出来たら撒くところも作ったので、来年はまたいっぱい増えそう。

植物も、その植物にあったところに植えてあげれば次々増えるし、居心地が悪ければどんなに肥料をあげて咲かない、増えないで終わります。

表の庭の木を切ったので、お花を植えるスペースが出来たので、裏の庭からレンゲショウマを1株移しました。いつも裏庭で余り見てもらえなので、ここなら見てもらえると。
でもそこは木がなくなって、日当たりが良くなり、レンゲショウマの艶やかな葉っぱあれよあれよという間に葉焼けを起こしてしましました。直ぐに裏庭に戻しましたが、人間の都合にあわせてはいけませんね。反省!

都忘れをあなたに・・・

ミヤコワスレ 都忘れ

高倉健さんの好きだった花 都忘れ


裏庭を歩いていたら、優しい色に咲いた「都忘れ」を見つけました。本当は濃い紫だけど、余り陽が差さない林の中で、こんな色が出来たのだと思います。

ミヤコワスレは今は亡き高倉健さんの好きだったお花です。ここにお泊まりになったときに、お土産に私の作った押し花Candleを差し上げたところ、健さんはいくつかのCandleの中から、この色に似た淡い紫のCandleを選ばれました。
その後、もっと欲しいと幾つかご注文を頂いたときも、紫色をと。
そのだいぶ後でした、健さんがミヤコワスレがお好きだと知ったのは。

今日はこの花を見て、あの笑顔、あの声、あのまなざしが蘇りました。お母様の葬儀に立ち会えなくて、その後お墓にこのミヤコワスレを手向けた事が本に書かれていました。
今、あなたのお墓にはこの花が手向けられているのでしょうか?
今夜は八ヶ岳からミヤコワスレを・・・

あるびおんの山野草

昨日気づかなかったところに、もう10cmも芽が伸びていたり、蕾が次々開いていたり、朝起きたら庭を一周するのが楽しみです。去年は2芽増えて11芽だったクマガイソウが、今年は3芽増えて14芽になっています。今年はこのうち何輪に花がつくでしょう。楽しみです。
赤い花が付くエンレイソウはとっくに咲き始めましたが、白花エンレイソウは閉じていた葉を広げ、白い花が見え始めました。これから次々あっちこっちで咲き始めます。

  • エンレイソウ 延齢草

    エンレイソウ 延齢草

  • 白花エンレイソウ 白花延齢草

    白花エンレイソウ 白花延齢草


春は黄色いお花も多いですね。あるびおんでは黄花カタクリと黄花イカリソウが咲いています。黄花カタクリは原産がアメリカ、カナダで、日本のカタクリより繁殖力が旺盛で株で増えていき、小さな葉の時から花を付けます。その花も1本の茎に2段に付けることも多いです。今年の6月にはカナダでこの群生地を見たいです。
黄花イカリソウはわが家では他のイカリソウより一番早く咲きます。これも良く増えていきますね。


  • 黄花カタクリ

    黄花カタクリ

  • 黄花イカリソウ

    黄花イカリソウ

カタクリは今年は早く咲き始め、ほとんどが終わりですが、今咲いているカタクリはみんな色鮮やかなピンクです。素崎の種類なのでしょうか。今年も実生からの1年目の芽ネギのような芽や、2年目以降の片葉のカタクリがいっぱい。大きな片葉は数年以内に咲き始めるのでしょう。これが全部無事7,8年育って花が咲いたら裏庭はカタクリの群生地になるでしょう。さーこれから咲く花たちを楽しみに、私の庭仕事は続きます。


カタクリ

遅咲きのカタクリ

フクロウが鳴く宿 ペンションあるびおん

何処で鳴くのかな?

3月の初めから、お客様が夜中の11時頃や明け方にフクロウの声を聞くようになりました。
私も聞こえるはずの場所に寝ていますが、いつも遅くに寝て明け方は深い眠りの中で聞き逃しています。
このところは連日で鳴いているようです。
アカゲラが毎日やって来て『アカゲラの宿 ペンションあるびおん』ですが、『フクロウが鳴く宿 ペンションあるびおん』 になりつつあります。

これから私の庭仕事の忙しい時期になりますが、裏庭は刺激しないように気をつけなければ。