ペンション あるびおん

八ヶ岳 小淵沢の小さな宿に宿泊して、静かな時間と体に優しいお料理をお楽しみください。

TEL.0551-36-4166

 E-Mail.p-albion@p-albion.jp

〒408-0041 山梨県北杜市小淵沢町上笹尾3332-1157

ブログ

"裏庭"の検索結果:76件

裏庭にも春が

ui数日前まで雪が残っていた裏庭にも春がやってきました。
カタクリが花芽を出し、八重咲きキクザキイチゲが白い可憐な花を咲かせています。
でもまだなんとなく寒く、庭仕事に精が出ません。
でも、お手入れや管理を怠っていると、ちゃんと鹿さんは見ていて新芽を食べにやってきます。
今はまだ大丈夫ですが、そろそろあぶないです。

  • 八重咲きキクザキイチゲ

    八重咲きキクザキイチゲ

  • 八重咲きキクザキイチゲ

    八重咲きキクザキイチゲ

  • カタクリ

    カタクリ

  • フクジュソウ

    福寿草


落ち葉の上に、こんな蝉の忘れ形見を見つけました。
長い地中生活の後、この殻を抜け出たセミは、短い地上での生活を終え、もう、とっくに命を終えています。
夏、秋、冬を超えてきたこの抜け殻ですが、なんだかとってもイキイキとしています。この林に生きていたことをしっかりと伝えたかったのですね。

あるびおんの裏庭も花盛り

GW中も八重桜や山桜が見られ、お客様は思いがけない再びの桜との出会いに喜んでいらっしゃいました。
あるびおんの庭も花盛り。表では花桃や花壇、プランターのお花がお出迎え。裏庭では山野草が静かに、でも数多く咲いています。

「いろいろな所に同じ花が咲いていますが」と言われました。そうなんです、ピンクのサクラソウもシコクカッコウソウも、ニリンソウやイチリンソウも・・・あちらこちらに小さく群生しています。それはそれが増えたところに生かしているからです。きっと自然に飛んで増えたところは居心地が良いのですから、そこで咲いてもらいます。だからまとまりがなく、あちらこちらに同じお花が咲いているのです。以前は私が咲いて欲しいところ、私が作りたい庭を目指して植え替えていました。でも、それは結構咲かなくなってしまったり、絶えてしまったり・・・手をかけた割に失敗だらけでした。でもこうして植物の生きたいところで咲いてもらったら、あれまー良く増えてくれること。
でも、それに気づくのに何年かかったことでしょう。あと10年もしたら、植物たちが自然に増えたり、移動したりして、あるがままの素敵な庭にしてくれるでしょう。

  • キバナイカリソウ

    キバナイカリソウ

  • シラネアオイ

    シラネアオイ

  • 白花エンレイソウ

    白花エンレイソウ

  • クマガイソウ

    クマガイソウ

裏庭の春の妖精

ペンションあるびおんの裏庭は、今カタクリ真っ盛り。落ち葉一面の雑木林の斜面で、可愛いカタクリも、もっと小さなエゾエンゴサクも目立ちませんが、裏にでて、ゆっくりご覧くださいね。
カタクリもエゾエンゴサクもスプリングエフェメラル。雪解けと共に花を咲かせ、木々の葉が茂る頃には地上部は消えてしまうはかないお花たち。でもその後秋まで地中深くで就眠して、また来年花を咲かせます。だから、今のうちにたっぷりと栄養を取る事が必要です。そして葉の茂る季節には暗くなっていまう落葉樹の林でも、葉が茂る前に花を咲かせるので、こうして綺麗に咲いてくれるのです。

  • カタクリ

    カタクリ

  • エゾエンゴサクとカタクリ

  • エゾエンゴサク

    エゾエンゴサク

裏庭の花 

今朝の庭の花です。ムラサキシリーズでいきたいと思います。

お花は羅生門葛(ラショウモンカズラ)筆竜胆(フデリンドウ)錨草(イカリソウ)どれも漢字で書いた方がわかりやすいお花です。羅生門葛は渡辺綱が羅生門で切り落としたとされる鬼女の腕に見立てた名前。筆竜胆はつぼんだときが筆のようです。錨草は船の錨のようです。

  • 羅生門葛(ラショウモンカズラ)

    羅生門葛(ラショウモンカズラ)

  • 筆竜胆(フデリンドウ)

    筆竜胆(フデリンドウ)

  • 錨草(イカリソウ)

    錨草(イカリソウ)


八ヶ岳 宿泊 はペンションあるびおん

  • 山梨県北杜市小淵沢町上笹尾3332-1157
  • 0551-36-4166
  • 野鳥の遊ぶ林と体に優しいお料理に癒されてください
  • 花の歳時記 ガーデニング

裏庭の花と花言葉

 裏庭には色々な種類の山野草が芽吹いたり、咲いたりしています。地味なものもあるので探さないとわからないものも。これから芽吹くもの多く、林の斜面はどこから何が出てくるかわからないほど、沢山の種類が次々と、あっちからもこっちからも出てくるので、私でさえうっかり踏み込むと芽を踏んでしまいます。竹で簡単に囲ってありますので、その外から眺めてください。

「ニリンソウ 二輪草」という名前なのに、花は1輪だけ先に咲き、後からもう一輪遅れて咲きます。葉の上に一輪だけ咲くのは「一輪草」です。また「ヒトリシズカ 一人静」という名前なのに、決して静ではなく仲間とがやがや集まって咲いています。もっともヒトリシズカというのは一輪で咲くからではなく、茎の先に1本の白い穂状花序をだすからで、それを2本出すものは「二人静」といいます。草花の名前は、どうしてその名が付いたかを調べると覚えやすいですね。キバナカタクリは日本産ではなく、黄色はアメリカやカナダ産のものが入ってきたようです。でも半日陰が好きで日本カタクリと同じなので裏で増えています。

窓を開けると、クロツグミやキビタキ、ウグイスなどの囀りが聞こえるかも知れません。林を渡る風はフィットンチッドもいっぱいです。大きく深呼吸していっぱい体に詰め込んでくださいね。

  • キバナカタクリ

    キバナカタクリ
    初恋 嫉妬

  • サクラソウ

    サクラソウ
    初恋 純愛

  • ヒトリシズカ

    ヒトリシズカ
    静謐 隠された美

  • ニリンソウ

    ニリンソウ
    予断


八ヶ岳 宿泊 はペンションあるびおん

  • 山梨県北杜市小淵沢町上笹尾3332-1157
  • 0551-36-4166
  • 野鳥の遊ぶ林と体に優しいお料理に癒されてください

裏庭の紅葉とシメ

 裏庭のコナラがオレンジ色に色づきはじめました。

そこへ今朝はゴジュウカラやアカゲラが頻繁に来て、お客様の歓声が聞こえます。更に今期初のシメが登場。皆さん大喜びです。

この後野鳥ガイドでもたくさんの鳥が見られたそうですから、今年の冬は昨年のリベンジが出来そうですね。冬鳥にこうご期待。

今日のガーデニング

いつもは涸れ沢が、今日はこんないい景色。

裏の清流。いつも流れてくれた良いのに。


苔むしたブロックが裏庭に転がっていたので、それを使って四角花壇作りました。
四角ではつまらないので、これまた苔むした石を運び角に置きました。
更にブロックの穴が気になるので、穴がそしてブッロクがランナーでおおわれるよう、雪の下と十二単植えてみました。
花壇の中はまだ岩手リンドウだけです。また上の庭から適当なもの探して、春に咲くお花でも植えましょう。

花壇

後は何を植えましょうか?

ご褒美

午後クレマチスのツルを整えていると、主人が急に鳥撮りと八ヶ岳倶楽部に行こうと言い出し、このところガーデニングばかりで付き合いが悪かったのでお付き合いしてあげることに。

出かければ出かけるでそれは気分転換にもなり楽しいです。目的とする鳥には会えませんでしたが、青空とひんやりした風が心地よく私は景色を眺めているだけで満足。

八ヶ岳倶楽部に寄ると、宗助さんがいらしてカナダの庭やガーデニングの話しに。すると入荷したばかりのガーデニング用にぴったりとK-WAYのレインウエアを薦められて、着てみるとサイズも色も良く買ってしまいました。
一昨日まで少し位の雨の中でも裏庭の開墾をしていたけど、これからはお天気続き。しばし出番はなさそうだけど・・・
でも、こういうのも出会いで、ずっと頑張って来たご褒美かも。
ご主人様、今日誘ってくれてありがとう。

宗助さんもまこお嬢様がお手伝いしてくれているのが、とても嬉しそう。奥様の直子さんと一家で八ヶ岳倶楽部を盛り上げていますね。
お互い元気で夏を乗り切りましょう。

  • まこさん、柳生宗助さんと

  • イタリアでは雨具持ったと言う代わりにK・WAYもったと言うほどみんなが愛用しているレインウエア。ロング丈で下からもファスナーが開くのでしゃがんだ作業もしやすそう。

雨が小康状態になる度に裏庭に出て、根っこが縦横無尽に張っている林を開墾した花壇。昨年のこぼれ種で出来た九輪草の苗を150株くらい植え込みました。斜面の下で、そのしたには川も流れているので九輪草好みだと思うのですが。全部が花を咲かせてくれると良いな。
これから少しずつ川から石を運び、周りを整えます。


木と木の間には自然に生えた延齢草の子供が6株ある周りを開墾しました。根っこだけで一山出来るほど抜き取りました。自然の腐葉土と黒土は最高の用土。それに鹿沼土を少し混ぜて九輪草の苗を植え込みました。
大きくなーれ。花よ花よ綺麗に咲いておくれ。  

雨に日に

九輪草の花壇が一杯一杯できつそうなので、梅雨入りを予測して、家の周り3箇所に九輪草花壇を作り移植しました。
湿っぽいところが好きな九輪草なので、屋根から雨が落ちてくる場所、一段高くなった花壇の下などに。
雨降りの今日は、その場所に雨が落ちるかなど確認。

今年の種が出来たら撒くところも作ったので、来年はまたいっぱい増えそう。

植物も、その植物にあったところに植えてあげれば次々増えるし、居心地が悪ければどんなに肥料をあげて咲かない、増えないで終わります。

表の庭の木を切ったので、お花を植えるスペースが出来たので、裏の庭からレンゲショウマを1株移しました。いつも裏庭で余り見てもらえなので、ここなら見てもらえると。
でもそこは木がなくなって、日当たりが良くなり、レンゲショウマの艶やかな葉っぱあれよあれよという間に葉焼けを起こしてしましました。直ぐに裏庭に戻しましたが、人間の都合にあわせてはいけませんね。反省!

都忘れをあなたに・・・

ミヤコワスレ 都忘れ

高倉健さんの好きだった花 都忘れ


裏庭を歩いていたら、優しい色に咲いた「都忘れ」を見つけました。本当は濃い紫だけど、余り陽が差さない林の中で、こんな色が出来たのだと思います。

ミヤコワスレは今は亡き高倉健さんの好きだったお花です。ここにお泊まりになったときに、お土産に私の作った押し花Candleを差し上げたところ、健さんはいくつかのCandleの中から、この色に似た淡い紫のCandleを選ばれました。
その後、もっと欲しいと幾つかご注文を頂いたときも、紫色をと。
そのだいぶ後でした、健さんがミヤコワスレがお好きだと知ったのは。

今日はこの花を見て、あの笑顔、あの声、あのまなざしが蘇りました。お母様の葬儀に立ち会えなくて、その後お墓にこのミヤコワスレを手向けた事が本に書かれていました。
今、あなたのお墓にはこの花が手向けられているのでしょうか?
今夜は八ヶ岳からミヤコワスレを・・・