ペンション あるびおん

八ヶ岳 小淵沢の小さな宿に宿泊して、静かな時間と体に優しいお料理をお楽しみください。

TEL.0551-36-4166

 E-Mail.p-albion@p-albion.jp

〒408-0041 山梨県北杜市小淵沢町上笹尾3332-1157

ブログ

"裏庭"の検索結果:81件

裏庭にも春が

ui数日前まで雪が残っていた裏庭にも春がやってきました。
カタクリが花芽を出し、八重咲きキクザキイチゲ 別名 八重咲きキクザキイチリンソウが白い可憐な花を咲かせています。
でもまだなんとなく寒く、庭仕事に精が出ません。
でも、お手入れや管理を怠っていると、ちゃんと鹿さんは見ていて新芽を食べにやってきます。
今はまだ大丈夫ですが、そろそろあぶないです。

  • 八重咲きキクザキイチゲ

    八重咲きキクザキイチゲ 
    別名 八重咲きキクザキイチリンソウ

  • 八重咲きキクザキイチゲ

    八重咲きキクザキイチゲ 
    別名 八重咲きキクザキイチリンソウ 

  • カタクリ

    カタクリ 
    別名カタカゴ

  • フクジュソウ

    福寿草


落ち葉の上に、こんな蝉の忘れ形見を見つけました。
長い地中生活の後、この殻を抜け出たセミは、短い地上での生活を終え、もう、とっくに命を終えています。
夏、秋、冬を超えてきたこの抜け殻ですが、なんだかとってもイキイキとしています。この林に生きていたことをしっかりと伝えたかったのですね。

あるびおんの裏庭も花盛り

GW中も八重桜や山桜が見られ、お客様は思いがけない再びの桜との出会いに喜んでいらっしゃいました。
あるびおんの庭も花盛り。表では花桃や花壇、プランターのお花がお出迎え。裏庭では山野草が静かに、でも数多く咲いています。

「いろいろな所に同じ花が咲いていますが」と言われました。そうなんです、ピンクのサクラソウもシコクカッコウソウも、ニリンソウやイチリンソウも・・・あちらこちらに小さく群生しています。それはそれが増えたところに生かしているからです。きっと自然に飛んで増えたところは居心地が良いのですから、そこで咲いてもらいます。だからまとまりがなく、あちらこちらに同じお花が咲いているのです。以前は私が咲いて欲しいところ、私が作りたい庭を目指して植え替えていました。でも、それは結構咲かなくなってしまったり、絶えてしまったり・・・手をかけた割に失敗だらけでした。でもこうして植物の生きたいところで咲いてもらったら、あれまー良く増えてくれること。
でも、それに気づくのに何年かかったことでしょう。あと10年もしたら、植物たちが自然に増えたり、移動したりして、あるがままの素敵な庭にしてくれるでしょう。

  • キバナイカリソウ

    キバナイカリソウ

  • シラネアオイ

    シラネアオイ

  • 白花エンレイソウ

    白花エンレイソウ

  • クマガイソウ

    クマガイソウ

裏庭の春の妖精

ペンションあるびおんの裏庭は、今カタクリ真っ盛り。落ち葉一面の雑木林の斜面で、可愛いカタクリも、もっと小さなエゾエンゴサクも目立ちませんが、裏にでて、ゆっくりご覧くださいね。
カタクリもエゾエンゴサクもスプリングエフェメラル。雪解けと共に花を咲かせ、木々の葉が茂る頃には地上部は消えてしまうはかないお花たち。でもその後秋まで地中深くで就眠して、また来年花を咲かせます。だから、今のうちにたっぷりと栄養を取る事が必要です。そして葉の茂る季節には暗くなっていまう落葉樹の林でも、葉が茂る前に花を咲かせるので、こうして綺麗に咲いてくれるのです。

  • カタクリ

    カタクリ

  • エゾエンゴサクとカタクリ

  • エゾエンゴサク

    エゾエンゴサク

裏庭の花 

今朝の庭の花です。ムラサキシリーズでいきたいと思います。

お花は羅生門葛(ラショウモンカズラ)筆竜胆(フデリンドウ)錨草(イカリソウ)どれも漢字で書いた方がわかりやすいお花です。羅生門葛は渡辺綱が羅生門で切り落としたとされる鬼女の腕に見立てた名前。筆竜胆はつぼんだときが筆のようです。錨草は船の錨のようです。

  • 羅生門葛(ラショウモンカズラ)

    羅生門葛(ラショウモンカズラ)

  • 筆竜胆(フデリンドウ)

    筆竜胆(フデリンドウ)

  • 錨草(イカリソウ)

    錨草(イカリソウ)


八ヶ岳 宿泊 はペンションあるびおん

  • 山梨県北杜市小淵沢町上笹尾3332-1157
  • 0551-36-4166
  • 野鳥の遊ぶ林と体に優しいお料理に癒されてください
  • 花の歳時記 ガーデニング

裏庭の花と花言葉

 裏庭には色々な種類の山野草が芽吹いたり、咲いたりしています。地味なものもあるので探さないとわからないものも。これから芽吹くもの多く、林の斜面はどこから何が出てくるかわからないほど、沢山の種類が次々と、あっちからもこっちからも出てくるので、私でさえうっかり踏み込むと芽を踏んでしまいます。竹で簡単に囲ってありますので、その外から眺めてください。

「ニリンソウ 二輪草」という名前なのに、花は1輪だけ先に咲き、後からもう一輪遅れて咲きます。葉の上に一輪だけ咲くのは「一輪草」です。また「ヒトリシズカ 一人静」という名前なのに、決して静ではなく仲間とがやがや集まって咲いています。もっともヒトリシズカというのは一輪で咲くからではなく、茎の先に1本の白い穂状花序をだすからで、それを2本出すものは「二人静」といいます。草花の名前は、どうしてその名が付いたかを調べると覚えやすいですね。キバナカタクリは日本産ではなく、黄色はアメリカやカナダ産のものが入ってきたようです。でも半日陰が好きで日本カタクリと同じなので裏で増えています。

窓を開けると、クロツグミやキビタキ、ウグイスなどの囀りが聞こえるかも知れません。林を渡る風はフィットンチッドもいっぱいです。大きく深呼吸していっぱい体に詰め込んでくださいね。

  • キバナカタクリ

    キバナカタクリ
    初恋 嫉妬

  • サクラソウ

    サクラソウ
    初恋 純愛

  • ヒトリシズカ

    ヒトリシズカ
    静謐 隠された美

  • ニリンソウ

    ニリンソウ
    予断


八ヶ岳 宿泊 はペンションあるびおん

  • 山梨県北杜市小淵沢町上笹尾3332-1157
  • 0551-36-4166
  • 野鳥の遊ぶ林と体に優しいお料理に癒されてください

裏庭の紅葉とシメ

 裏庭のコナラがオレンジ色に色づきはじめました。

そこへ今朝はゴジュウカラやアカゲラが頻繁に来て、お客様の歓声が聞こえます。更に今期初のシメが登場。皆さん大喜びです。

この後野鳥ガイドでもたくさんの鳥が見られたそうですから、今年の冬は昨年のリベンジが出来そうですね。冬鳥にこうご期待。

みんな爽やか

おはようおございます。やっと日差しが出てきました。
たっぷり水分補給した草花が生き生きと輝いています。

私も疲れが溜まっていたのか、睡眠不足が音を上げたのか、昨日は午後4時間の昼寝、夕食後11時間もぐっすりと寝てしまいました。
先日、脳外の先生に「4時間でも足りていればその睡眠で大丈夫です。」と言われましたが、やはり音を上げるときは上げるのですね。その声に耳を傾けて、体の要求するに任せるのがいいように思います。
私もこんなこと初めてですが、英気を養って今朝は爽やか!

今日も素敵な1日となりますように。


あるびおんの裏庭

裏庭が一番明るく綺麗なとき

クマガイソウ(熊谷草)

お料理は考えるより先に手が動くのに、庭仕事は、どこに植えようか?これが咲くとどんな雰囲気になるかな?とか、いくつ芽が出たとか出ないとか、思い悩むことが楽しくて、眺めているのが楽しくて、中々手が動きません。
それでも今日は山アジサイを6株、土留めも兼ねて斜面に植えました。フシグロセンノウの穂差しもしました。自宅が職場だと中々休めませんが、こうして仕事の合間に庭仕事ができるのが良いですね。

クマガイ草が今年も5芽増えて、揃って咲き始めました。
西向きの裏庭では、みんな夕陽の沈む方を眺めるように整列しています。でも後ろ姿も葉が陽に透けて綺麗です。

  • クマガイソウ(熊谷草)

    クマガイソウ(熊谷草)

  • マガイソウ(熊谷草)

    マガイソウ(熊谷草)

  • マガイソウ(熊谷草)

    マガイソウ(熊谷草)夕陽に向かっている姿は、プリーツのマントを羽織った修道女が祈りを捧げているみたい。

カタクリやっと咲きました。

今日も暖かくなりそうですね。
昨日も少し暖かくなったので、やっとやっとカタクリの蕾がみんな開きました。でもまだ10輪くらいです。150株くらいは咲く予定ですが、昨年の夏から秋に裏庭を改造するため掘り起こしたので、今年は大きな芽の出が少ないように感じますが、これからでて欲しいです。片葉の子供や孫はいっぱい元気に出てきています。

山野草ガーデン(Harumi Cafeterrace 掲示板)もどうぞよろしく。

カタクリ

カタクリ カタカゴ

ネコヤナギの花

12月に切り花で頂いたネコヤナギ。長い間楽しんでいますが、花瓶の中では根を生やし、枝からは新芽も伸びて、雌雄区別のつかなかった、白い肌触りの良かった花序は、雄株からは花粉いっぱいの無数の雄花を咲かせ、雌株からは雌花を咲かせています。
春になったら下の湿り気の多い所に植えようと思います。
こんな時、斜面の庭は乾燥したところも、湿ったところもあってなかなか便利です。先日部屋からこの庭を見下ろしていたら、フクロウがふわーっと低空で舞ってい横切って行きました。モグラとか餌があったのでしょうか?
写真は花粉がいっぱいの雄花ともう一方は雌花ではないかなと思われる花です。

  • ネコヤナギの花粉いっぱいの雄花

  • ネコヤナギの雌花かな?

  • 裏庭