ペンション あるびおん

八ヶ岳 小淵沢の小さな宿に宿泊して、静かな時間と体に優しいお料理をお楽しみください。

TEL.0551-36-4166

 E-Mail.p-albion@p-albion.jp

〒408-0041 山梨県北杜市小淵沢町上笹尾3332-1157

入笠山

「入笠山周辺の四季」リンク集

入笠山、入笠湿原、大阿原湿原の動画


春~夏のトレッキング

秋のトレッキング

冬 入笠スノーシュー

私の好きな場所 入笠山 入笠湿原 大阿原湿原

お手軽登山、ハイキングのお薦めの場所第2弾は入笠山とその麓の湿原です。
夏や秋の季節には車両規制があり、湿原まで車では行けなくなりましたが、スキー場のゴンドラを使えば1050mから1730mまで一気に登り、あとはそれほどの登りもなくお手軽に入笠山湿原を楽しめます。

ゴンドラで行くと降りて直ぐに『入笠すずらん山野草公園』があり、スズランが終わった後は色とりどりの山野草がお迎えしてくれます。そしてそこから歩くこと10~15分で入笠湿原。お花が綺麗なのは入笠湿原と更に10分歩いたところにある御所平です。初夏から秋まで次々季節のお花が咲きますが、8月の今頃はクサレダマ(黄)とサワギキョウ(紫)が群生します。
クサレダマって腐れ玉のように想像しますが、レダマという豆科の木があり、その花色に似た花をつける草なので草レダマという名になったようです。8月も中旬を過ぎると早くもリンドウ、ワレモコウ、鳥兜、マツムシソウなど秋の花が咲き乱れて、それもとても素敵です。

  • クサレダマ

    クサレダマ

  • サワギキョウ

    サワギキョウ

入笠山山頂

1955mの入笠山山頂

五所川原湿原にある登山道から入笠山山頂までは30~40分です。1955mの山頂に出れば360度のパノラマの景色に感動することでしょう。


初秋の大阿原湿原

車の入れない時期はゴンドラ駅からは徒歩で4,50分かかるのですが、大阿原高原が私は好きです。
人は少なく、広々と広がる湿原の周りには木道が整備されており、一周50分のコースも楽しいです。

四季折々の入笠山と湿原

ポレポレクラブ(小淵沢ペンション振興会主催) スノーシューイベント

 今年は雪が少なく、スノーシュー希望のお客様も受け入れられなかったり、この日のことも気がかりでしたが、先日降った雪で、無事開催できました。
真っ青に晴れ上がった空、ほどほどに暖かな気温。これぞスノーシュー日和です。
コースはこのお天気を考えて、折角だから360度の景色を楽しみましょうと入笠山山頂へと変更。
もともと雪の付きにくいところなので、途中からは雪が少なくって、岩の上を歩くことになりましたが、山頂の景色は最高でした。
やっぱり来た甲斐がありましたね。

  • ゴンドラ山頂駅

    ゴンドラ山頂駅を出発。バックの八ヶ岳が見送ってくれます。

  • 入笠山湿原

    途中の入笠山湿原

  • 入笠山山頂

    入笠山山頂に着きました。

  • 伊那谷と中央アルプス

    伊那谷と中央アルプス

  • 諏訪湖もよく見えます

    諏訪湖もよく見えます。

  • 御嶽山

    御嶽山はモクモク噴煙を上げています。

初めての方には、少し山頂までのコースは大変だったかも知れませんが、その後はマナスル山荘での美味しいランチが待っています。
以前とオーナーが替わりましたが、今度のマナスル山荘本館のお料理も美味しいくて、ボリュームたっぷりと聞いています。
私たちもはじめていただくので、o(^-^)oワクワク楽しみです。

  • カツカレー

    カツカレー

  • お薦めのビーフシチュー

    お薦めのビーフシチュー。中で売っているパンと良く合います。

  • 鍋焼きうどん(塩or味噌)</鍋焼きうどん(塩or味噌)
  • ソースカツ丼

    ソースカツ丼

写真で見て通りのボリュームです。ハーフサイズもありますが、トッピングの量はそのままでご飯だけがハーフなので嬉しいハーフです。
参加していただいた皆さま、担当の風路さんお疲れ様でした。

次回のイベントは『桃の里ウォーク』です。
お花見弁当

お花見弁当もお楽しみに!

詳細はこちらからどうぞ。人気のイベントです。担当はあるびおんです。

9月になると行きたくなるところ。入笠山

入笠湿原の林道とハンゴンソウ

夏休みが終わってホットしている今日この頃。
そんな時にふっと行きたくなるのが入笠山。夏の花の名残と秋の花が入り交じって、木々の緑は少し色あせても、その分空はシャープな青さを見せてくれる。
生まれ変わったマナスル山荘本館のメニューも色々食べてみたいし。
でも、今年はなんてお天気が悪いのでしょう。8月の後半からずっとすっきりしません。
だから私の大好きな入笠山にも行けません。

でも救われるのは、週末はお天気になりそうなこと。

以前のレポート秋を感じて入笠湿原と入笠山を歩きませんか?

入笠湿原 スズランとレンゲツツジ見頃です。

シーズン中は交通規制があり、湿原まで車で入れるのは午後3時以降なので、夕方お花の様子を見てきました。
1日曇っていたのに、青空も広がってきて、お花たちも輝いて見えます。
きっと、昼間は大勢の人で賑わっていいたのでしょうが、人気の減った静かな湿原では、咲き始めの鮮やかなレンゲツツジが白樺や緑に映えていました。
風にそよぐ小さなキンポウゲも群生して綺麗です。スズランの斜面に近づくと、風に乗ってスズランの良い香り。かなり離れていても香ります。
日本スズランは小さけれど、今年は花付きも良く、斜面一面をスズランが埋め尽くしています。
クリンソウは終盤ですが、日陰などの奥はまだ綺麗に咲いています。ズミもまだ白い花を付けていて、遠景見るとホワーンと湿原縁取りとなっています。
これから秋まで、次々と花が咲き続けます。のんびりゆっくり楽しんでください。入笠山へも登山口から30分ほど登れます。
お天気の良い日に登れば、360度のパノラマの景色です。


  • レンゲツツジとズミ

    レンゲツツジとズミ

  • 色鮮やかに咲くレンゲツツジ

    色鮮やかに咲くレンゲツツジ

  • 一面に群生するスズラン

  • この斜面一面に咲く鈴蘭

  • リンソウ

    クリンソウ

  • キバナホテイソウ

    山彦山荘にだけに咲くキバナホテイソウ

秋と紅葉を楽しむ八ヶ岳周辺の軽登山とハイキングコース 

尾白川 神蛇の滝

尾白川 神蛇の滝

ペンションあるびおんお勧めの、「秋と紅葉を楽しむ八ヶ岳周辺の軽登山とハイキングコース」を紹介しています。
この秋、何処かを歩いてみませんか?

秋と紅葉を楽しむ八ヶ岳周辺の軽登山とハイキングコース 

2014年紅葉情報一覧へ

☆八ヶ岳の宿泊と紅葉を楽しむにはペンションあるびおん

レンゲツツジ、すずらんの季節です。

入笠山湿原のレンゲツツジ

入笠山湿原のレンゲツツジ

 初めから各地に豪雨をもたらした今年の梅雨ですが、八ヶ岳もここで一息、週末からしばらく晴れ間が続くようです。
美し森のレンゲツツジも見頃を迎えていますし、入笠山ではスズランが咲き始め、コナシの白い花も咲いています。たっぷり雨の恵みを受け、瑞々しい緑の中を、お花の中を歩いてみませんか?
バスや電車でいらした方は、オーナによる観光ガイドを利用すると、時間も有効に使えます。

過去のレポートを参考にご覧ください
  1. 観光ガイドを利用して入笠山へいかれたレポート
  2. 美し森の花のアルバム(レンゲツツジ クリンソウ)
  3. レンゲツツジ満開の車山のレポート
  4. ニッコウキスゲ咲く車山のレポート

スノーシューイベントに参加しませんか?

スノーシュー

入笠 大沢山にて

2月16日(日曜日)は私たちがご案内する『スノーシューイベント』です。
小淵沢ペンション振興会のポレポレクラブでは、皆様にスノーシューで白銀の世界へとごあんないいたします。


  1. 日時:2014年2月16日(日)
  2. 集合:スパティオ小淵沢駐車場 
  3. 解散:スパティオ小淵沢駐車場
  4. 参加費2600円 レンタルスノーシュー1500円 
  5. 持ち物他:防水の効いた温かな上下(スキーウエアに準ずるもの)歩くと暑くなるので脱ぎ着がしやすいもの。くるぶしまで有る登山靴又はスノーブーツ 帽子 サングラス 手袋 飲み物
  6. ご注意:万一事故が発生した場合は、傷害保険に加入している範囲及び応急処置以外の責任は負えません。
  7. 小淵沢ペンション振興会会員ペンション宿泊者限定のウォークイベントです。宿泊先のペンションにお申し込み下さい。
  8. ポレポレクラブのウォークイベントは必ず事前に申し込みが必要です。

    p-albion@p-albion.jp又はTEL0551-36-4166(あるびおん)


☆八ヶ岳の宿泊とスノーシューはペンションあるびおん

これから秋を楽しめる軽登山やハイキング

お天気の良くない週末となってしましました。気温もグッと下がって、一日ストーブを焚いています。
入笠山や入笠山湿原はすっかり秋色です。唐松の黄葉も綺麗です。もう少し低い日向山や飯盛山はまだこれから紅葉が綺麗になります。尾白川、精進ヶ滝ももう少しです。これから計画を立てて見ませんか。

秋と紅葉を楽しむ八ヶ岳周辺の軽登山とハイキングコース 

日向山山頂

日向山山頂(下)は真っ白な花崗岩に回りの紅葉が映えます。


☆紅葉と八ヶ岳の宿泊はペンションあるびおん

御所平と入笠湿原 初秋を彩る花

入笠山のマイカー規制が午前8時~午後3時なので、それが解かれてから夕方の湿原に行ってきました。
昨年はこの時期には御所平(入笠山から下ってきた、マナスル山荘前の湿原)のお花が綺麗なときでしたが、今年は暑かったのでコオニユリやヤナギランはもう名残です。でも今はワレモコウやマツムシソウが咲いています。ワレモコウが咲く草原はすっかりと秋の気配ですね。

  • 御所平を彩るワレモコウ

    御所平を彩るワレモコウ

  • ヤナギラン

    名残のヤナギランも夕陽を浴びて

さて入笠湿原にいってみましょう。
こちらはリンドウやマツムシソウ、クサレダマやアケボノソウも咲き始め、地味だけれど秋を感じるお花がいっぱいです。夏の喧噪がウソのような静かな湿原に佇むと、ゆく夏が恋しくもありちょっと寂しくなりますね。でもやがてまた秋は鮮やかな色彩を連れて、この世界を彩ってくれることでしょう。
今はゆく夏を思いながら、静かな湿原を楽しむのに最高の季節です。
これからは空気が冷えて、山の景色が綺麗に見える季節です。時間があれば入笠山にも登ってみましょう。入笠山

  • ゴマナ(?)とサワギキョウの咲く入笠湿原の木道

  • リンドウ

    リンドウ咲く入笠湿原

  • ハンゴンソウ

    ハンゴンソウ咲く林より 入笠湿原

  • リンドウとアキノキリンソウ 入笠湿原

  • アケボノソウ

    アケボノソウ

  • サワギキョウ

    サワギキョウ

  • クサレダマ

    クサレダマ

  • ウメバチソウ

    ウメバチソウ


☆八ヶ岳の宿泊と観光やバードウォッチングはペンションあるびおん