ペンション あるびおん

八ヶ岳 小淵沢の小さな宿に宿泊して、静かな時間と体に優しいお料理をお楽しみください。

TEL.0551-36-4166

 E-Mail.p-albion@p-albion.jp

〒408-0041 山梨県北杜市小淵沢町上笹尾3332-1157

お花見情報 花の歳時記 ガーデニング

キバナカタクリ 黄色い花Ⅰ

キバナカタクリ

キバナカタクリ


おはようございます。快晴の空がGWの始まりですね。
春は黄色い花が多いですね。黄色はとても運気の良い陽の色だとか。
陽が引き出すのは主に「楽しむ・前進・元気・やる気・幸せ」だそうです。
皆様、素敵なGWをお過ごし下さい。

お花は黄花カタクリです。北米産の黄花カタクリは日本のカタクリと違って次々株で増えていきます。増えた株には直ぐお花が付きます。
今年はカナダでこの群生地を訪ねて見たいです。
一昨年は雪が多すぎて、群生する山頂まで行けませんでした。

#黄花カタクリ

晴耕雨読な生活

昨日は夜からの雨を計算して、朝からお客様のお夕食準備の時間まで庭仕事。お友だちから頂いた苗の植え込みや、花壇から花壇へのお花の移動など。
たっつぷりと雨が降ってくれたので、みんなしっかりと根付くでしょう。
午前中は雨が残っていましたが、『杉山亮のものがたりライブ』に参加。杉山亮さんは、小渕沢に住む児童書作家さんで、今は全国でおはしライブをされている。昨日福岡から帰ってきたばかりとか。
今日は八ヶ岳山麓のお話しに笑い、言葉遊びを楽しみ、お話しのコース料理に心が満たされました。

それが終わる頃、タイミングを合わせて晴れてきました。
午後はまた、お夕食準備の時間までクレマチスのツルの整理と枯れたツルの除去。それだけでずっと見栄えが良くなりました。咲くまであと一歩。きっと綺麗なピンクが塀を飾ってくれる事でしょう。
高い所のツルを整理していたら、通りがかりの方が「綺麗ですね-」と声をかけてくれました。
庭仕事をしていると、時間を忘れてしまいます。
こうして晴耕雨読のような生活が出来るなんてし・あ・わ・せ!

杉山さんが「 二月の雪、三月の風、四月の雨が 輝く五月をつくる 」という言葉がすきだとおっしゃっていましたが、我が庭も正にその5月を迎えようとしています。

  • 垂れ花桃

    垂れ花桃の下から

  • クリススマスローズ

    花桃の傘の下にはクリススマスローズが咲いています。今は木漏れ日浴びて、夏になると桃の葉が木陰を作ってクリスマスローズを守ってくれます。

  • 山吹

    雨上がり、八重の山吹が薔薇の香りを放っていました。

  • ツツジ

    淡いピンクとまばらに咲くのが好きなツツジです。

あるびおんの山野草

昨日気づかなかったところに、もう10cmも芽が伸びていたり、蕾が次々開いていたり、朝起きたら庭を一周するのが楽しみです。去年は2芽増えて11芽だったクマガイソウが、今年は3芽増えて14芽になっています。今年はこのうち何輪に花がつくでしょう。楽しみです。
赤い花が付くエンレイソウはとっくに咲き始めましたが、白花エンレイソウは閉じていた葉を広げ、白い花が見え始めました。これから次々あっちこっちで咲き始めます。

  • エンレイソウ 延齢草

    エンレイソウ 延齢草

  • 白花エンレイソウ 白花延齢草

    白花エンレイソウ 白花延齢草


春は黄色いお花も多いですね。あるびおんでは黄花カタクリと黄花イカリソウが咲いています。黄花カタクリは原産がアメリカ、カナダで、日本のカタクリより繁殖力が旺盛で株で増えていき、小さな葉の時から花を付けます。その花も1本の茎に2段に付けることも多いです。今年の6月にはカナダでこの群生地を見たいです。
黄花イカリソウはわが家では他のイカリソウより一番早く咲きます。これも良く増えていきますね。


  • 黄花カタクリ

    黄花カタクリ

  • 黄花イカリソウ

    黄花イカリソウ

カタクリは今年は早く咲き始め、ほとんどが終わりですが、今咲いているカタクリはみんな色鮮やかなピンクです。素崎の種類なのでしょうか。今年も実生からの1年目の芽ネギのような芽や、2年目以降の片葉のカタクリがいっぱい。大きな片葉は数年以内に咲き始めるのでしょう。これが全部無事7,8年育って花が咲いたら裏庭はカタクリの群生地になるでしょう。さーこれから咲く花たちを楽しみに、私の庭仕事は続きます。


カタクリ

遅咲きのカタクリ

星がきれいな夜にフクロウが鳴いています。

毎年私が選定して、傘のように咲かせている花桃が満開です。
真っ白にほんの少しピンクの花が混ざっています。
夜は白いお花が傘のように浮かんで見えます。

今夜はひんやりして、お月様が細くて、星がとても綺麗な夜です。
玄関出でるとフクロウが鳴いていることに主人が気づき、お客様もみんな外に出て聞きました。初めは少し下の方のお宅の前で、そして段々上に登って来て、最後は棒道の方へと移動したようで、そちらか声が聞こえました。本当に梟の声って、遠くまで届くのですね。
お客様も、今夜は素敵な夢が見られますように。

  • しだれ花桃

  • 白とピンクの咲き分け花桃と月

お花見しながらお買い物

お昼頃まで冷たい雨が続き、陽がでたら途端に暖かくなって、急いでお買い物に出かけたら、澄んだ空気とまた少しお化粧した山々が綺麗だったこと。
大きなコブシの花は寒さに遭って直ぐに茶色くなってしまったのに、桜は楚々とした花なのに、昨夜の強い雨にも耐え、まだ綺麗です。
買い忘ればかりで、お店を行ったり来たりのお買い物でしたが、道中の景色に時間なんて忘れちゃいます。
これから八重桜も咲くし、山桜も咲いて、まだしばらく桜の季節です。

綺麗な季節

  • 桜とカワセミ

    桜とカワセミ

  • サクラソウ

    サクラソウ

今日主人が掲示板にアップした桜とカワセミ。本当に綺麗!!
まだ小淵沢~鉢巻道路~茅野・諏訪本面は桜が残っていて、これからは山桜も咲いて綺麗です。
今日野鳥ガイド参加されたお客様は、まだキレンジャクも見られて、大変喜ばれたとか。
木々も芽吹きだし、花々は咲き競い、野鳥達はその間を春を謳歌するが如く舞飛び、本当素敵な季節です。
ここに住む私たちが、冬の寒さに耐え、雪道に悪戦した日々は、この春の日のためにあったのだとしみじみ感じます。
だって、その寒さがなければ春の花は咲かないし、雪がなければ美味しい春の恵みは生まれないのですから。
鳥達や動物達だって、冬から春へと時が廻るから巡り会えるものがいて、命が繋がれていくのですから。
地を見てはまだ咲かない花を待って、空を仰いでまだ飛来しない鳥たちを待って、春は他のどの季節より待ち遠しい季節です。

ヒレンジャク

神出鬼没なヒレンジャクですが、最近になってまた現れた。
しばらく居てくれると良いのですが・・・


☆八ヶ岳の宿泊とバードウォッチングはペンションあるびおん

春蘭 ペンションの庭

  • 春蘭

    春蘭

  • 春蘭

    春蘭

野にあっても庭にあっても、長い葉に隠れ、花色は周りの緑に同化して目立たない春蘭。
でも春蘭という名前は艶やか。響きが好き。
そしてその花は、やはり蘭は蘭。

昔から山採りした花を天ぷらや酢漬けしたり、塩漬けでお茶にしたりと食用にしていたそうですが、長い間地下生活をして、根を大きくして、実生から10年かけてやっと咲く春蘭。とても食用にする気にはなれません。
勿論、今は山採りなんて禁止です。

我が庭にも、春蘭らしき葉はでているものの、花が咲くのは数株。いつかそれらにも花付くこと祈って・・・

ペンションあるびおんは、沢山のお花、林の緑(芽吹き)、野鳥が皆様をお待ちしております。

寒いお花見 蕪の桜

皆様のところは暖かいですか?
お昼にサンドウィッチ持って、近くの桜並木へ行って来ました。もう散り桜でしたが、ハラハラ散る中でのランチもいいものですが、とにかく風が冷たくて、早々に退散してきました。
週末はまたお天気が崩れ、気温も下がるとか。
ハンギングやプランターに植え込んだお花が可愛そう。

  • 鳳凰三山と蕪の桜並木

    鳳凰三山と蕪の桜並木

  • 甲斐駒ヶ岳と蕪の桜並木

    甲斐駒ヶ岳と蕪の桜並木

  • ピクニックサンド

家の守り神とミツバツツジ

ミツバツツジ

ミツバツツジ


裏の庭のミツバツツジが満開です。今年はとても花付きが良いです。
昨日は、庭の隅に冬の間にたまった落ち葉を片付けていたら、家の守り神のアオダイショウ様に出くわして、悲鳴を上げてしまいました。でも、でも、これはわが家の守り神様。悲鳴など上げてはいけません。それから私の行く手を林の下の方へと降りて行くアオダイショウ様の後をつかず離れずで後ろから着いていき、落ち葉をすてました。きっと私が掃除したところに潜んでいたのかも知れませんね。
随分昔からいて、いつも脱皮した皮だけ見ていましたが、ここ数年は年に一回だけこの時期にお目にかかります。もうこれで、今年はお目にかかることはないでしょう。
今日はわが家のミツバツツジを眺めながらか、蕪の桜吹雪の中ででもランチにしたのですが、花粉症もあるので主人は嫌がるかな?