HOME デジカメ日記 旬の観光情報 料金の案内 交通のご案内 空室情報 宿泊の申し込

みずがき湖〜増富温泉〜本谷川〜金山平(そば)
          〜クリスタルライン
〜昇仙峡〜甲府

 紅葉の時期お薦めのドライブコースです。標高差もあるため比較的長い時期どこかしらで紅葉が楽しめることも魅力の一つです。道はほぼ舗装されていますが細い林道のためカーブが多く、行き違いができないところは譲り合いながら進むことになりますので、スピードは厳禁。景色が良くてもドライバーは真っ直ぐ前を見て走りましょう。では出発。
 須玉の西川橋西詰の信号より増富方面に入り新しくできた「鳥井坂トンネルを抜けると直ぐに紅葉スポットでバスや車が路上に止まっているので要注意。しばらく走るとみずがき湖に出ます。

みずがき湖(塩川ダム)
湖を一周できる道路もある。増富大橋の上からの紅葉が綺麗なので先に行く前にここだけでも寄り道したい。
鹿鳴峡大橋
鹿鳴とは人をもてなすという意味があり客を迎入れる橋という意味らしい。
増富大橋
増富大橋 増富大橋からの眺め
みずがき湖を右手に見て増富温泉方面に向かうと増富大橋に入るところがあるので行きすぎないように大橋に寄る。そこで引き返しトンネルを越える通仙峡です。ここは交通規制があり車では入れない時期があります。徒歩では入れます。
とても素晴らしい紅葉スポットですが今回は寄らずに増富温泉に向かいます。温泉は700円で、薬草風呂や温度の低い源泉風呂などがありました。ゆっくり浸かっていると効能があるとか・・

こぶちさわポレポレクラブではここを起点に歩くウォークイベントを2009年11月8日(日)に催行します。
詳しくはこぶちさわポレポレクラブのHPでご覧下さい。
本谷川
一度ゆっくりと歩いてみたい渓谷です。
 本谷川添いの道を進むと右にクリスタルラインへの道がありますが、ここは曲がらず今日はお蕎麦を食べるために金山平まで行きます。金山平付近は唐松の紅葉が綺麗です。やがて「おそば」の旗が見えてきます。
有井館(金山平)
 ここでお蕎麦をいただくのがこのドライブコースでの楽しみ。ただし紅葉の時期や土日は早くに品切れになることもしばしば。確実にお蕎麦を食べる方は予約を。
 金峰山が見えるお庭がお店
このお父さんが打つお蕎麦とお母さんの漬け物や煮物がでてきます。
700円の盛りそばのみ
いいお顔のおじいちゃんとおばあちゃん

メニューの内容や料金などは変わりますので参考程度にご覧下さい。
※お店の営業時間、定休日など変わることもありますので直接お店にご確認下さい。

営業時間 10:30〜14:30
定休日 無し ただし12月から4月までは要予約
電話 0551−45−0455
住所 山梨県須玉町小尾8872−7

 有井館でお蕎麦をいただいたら秋の日は短いので先を急ぎましょう。クリスタルラインに入るところまで戻ります。左へ曲がりクリスタルラインにはいり進むとやがて正面にクリスタルライン案内図の大きな看板が立っている変則字路となります。左のゲートのある道に行くと荒川ダム経由で昇仙峡へ(みずがき山を間近に見えるポイントと谷沿いの道は紅葉が綺麗)、右に行くと尾根道を通って金桜神社経由で昇仙峡へ(富士山・南アルプスが見渡せる)。案内図を見て好きな方の道を通るとよいでしょう。ただ左の道に行く方ももしお天気が良ければ、ほんの30mばかり右の道へ寄り道してください。素晴らしい富士山を眺めるスポットがあります。

木賊峠〜能泉湖・荒川ダム


昇仙峡へ


 このHPを運営している「野鳥とリスの宿あるびおん」は中央道・小淵沢インターから車で5分のところにある小さな、静かなペンションです。八ヶ岳周辺の紅葉を楽しまれるのに、起点、終点としてとても便利な宿です。増富、昇仙峡は東京方面からの行きや帰りに寄ると良いドライブコースです。オーナーは八ヶ岳観光や遊び、紅葉、野鳥の情報でいっぱいです。お泊まりになった夜は、インターネットに載せていない穴場、隠れた最新情報でアドバイスできるかもしれません。




戻 る

HOME デジカメ日記 旬の観光情報 料金の案内 交通のご案内 空室情報 宿泊の申し込

ご宿泊のお問い合わせは
TEL 0551-36-4166 FAX 0551-36-3950
E-mail
ペンション あるびおん
山梨県北杜市小淵沢町上笹尾3332−1157