ペンション あるびおん

八ヶ岳 小淵沢の小さな宿に宿泊して、静かな時間と体に優しいお料理をお楽しみください。

TEL.0551-36-4166

 E-Mail.p-albion@p-albion.jp

〒408-0041 山梨県北杜市小淵沢町上笹尾3332-1157

ブログ

お花見しながらお買い物

お昼頃まで冷たい雨が続き、陽がでたら途端に暖かくなって、急いでお買い物に出かけたら、澄んだ空気とまた少しお化粧した山々が綺麗だったこと。
大きなコブシの花は寒さに遭って直ぐに茶色くなってしまったのに、桜は楚々とした花なのに、昨夜の強い雨にも耐え、まだ綺麗です。
買い忘ればかりで、お店を行ったり来たりのお買い物でしたが、道中の景色に時間なんて忘れちゃいます。
これから八重桜も咲くし、山桜も咲いて、まだしばらく桜の季節です。

綺麗な季節

class=”ex-ref”

  • 桜とカワセミ

    桜とカワセミ

  • サクラソウ

    サクラソウ

今日主人が掲示板いアップした桜とカワセミ。本当に綺麗!!
まだ小淵沢~鉢巻道路~茅野・諏訪本面は桜が残っていて、これからは山桜も咲いて綺麗です。
今日野鳥ガイド参加されたお客様は、まだキレンジャクも見られて、大変喜ばれたとか。
木々も芽吹きだし、花々は咲き競い、野鳥達はその間を春を謳歌するが如く舞飛び、本当素敵な季節です。
ここに住む私たちが、冬の寒さに耐え、雪道に悪戦した日々は、この春の日のためにあったのだとしみじみ感じます。
だって、その寒さがなければ春の花は咲かないし、雪がなければ美味しい春の恵みは生まれないのですから。
鳥達や動物達だって、冬から春へと時が廻るから巡り会えるものがいて、命が繋がれていくのですから。
地を見てはまだ咲かない花を待って、空を仰いでまだ飛来しない鳥たちを待って、春は他のどの季節より待ち遠しい季節です。

ヒレンジャク

神出鬼没なヒレンジャクですが、最近になってまた現れた。
しばらく居てくれると良いのですが・・・


☆八ヶ岳の宿泊とバードウォッチングはペンションあるびおん

「山の幸ご飯」と発酵食品 三升漬け

今日は茹で済みの筍と、秋に皮を剥いて冷凍した栗を沢山頂きました。栗とお芋は相変わらず私のところに集まってくるようです。(*´∀`*)
お買い物行っている間に、別のお友だちからタラの芽が届きました。
お陰で、手間なしで、あっという間に筍と栗と椎茸で「山の幸ご飯」出来ました。勿論、塩麹に漬けてあった昆布を一緒に炊き込みました。

最近、旬の山菜の天ぷらを揚げたら、さっとゲランドの塩を振って頂きますが、私の万能調味料の三漬け(麹1升+醤油1升+青唐辛子1升だと辛すぎるので0.6升位を合わせて発酵させる)も天ぷらのアクセントに合うこと発見。また、納豆のタレや辛子を使わず、三升漬けで味付けすれば、納豆菌と麹菌が一緒にいただけて、美味しくて、一石二鳥です。

余り取り過ぎず、毎日の中で少しずつ、気がつかないうちに家族が発酵食品を摂っている・・・それが私の理想です。

  • 筍&栗ご飯

    筍&栗ご飯

  • 三升漬け

    三升漬け

雪下ニンジンポタージュ

今年も津南の雪下ニンジンでポタージュスープの季節です。でも、考えて見れば、ニンジンってお料理に無くてはならないけれど、どっちかと言えば脇役。どのお料理にも使うけれど、出番の割に主役で無い。でも、これは雪の下で甘みをたっぷり蓄えたニンジンが主役です。
オリーブオイルでじっくり蒸し炒めしたタマネギとほんの少しのジャガイモ、これもほんの少しのトマト。ほとんどがニンジンです。
あるびおんでは出来上がった塩麹に昆布を入れて、昆布出汁の入った塩麹を作っているので、その塩麹漬け昆布と野菜を煮込んでスープを作ります。熱を加えて出てくる旨みが残っているので。昆布やベイリーフを取り出して、ミキサーにかけて濾してできあがり。このニンジンの色をたの楽しみたいので、牛乳は入れず、仕上げに生クリームと黒糖パンで作ったクルトンを浮かべて出来上がり。

クルトンは、食パンをさいの目に切って、オリーブオイルまぶしてオーブントースター150℃で8分で出来上がり。作り置きするよりその都度作った方が美味しいですね。

雪下ニンジンポタージュスープ

春蘭 ペンションの庭

  • 春蘭

    春蘭

  • 春蘭

    春蘭

野にあっても庭にあっても、長い葉に隠れ、花色は周りの緑に同化して目立たない春蘭。
でも春蘭という名前は艶やか。響きが好き。
そしてその花は、やはり蘭は蘭。

昔から山採りした花を天ぷらや酢漬けしたり、塩漬けでお茶にしたりと食用にしていたそうですが、長い間地下生活をして、根を大きくして、実生から10年かけてやっと咲く春蘭。とても食用にする気にはなれません。
勿論、今は山採りなんて禁止です。

我が庭にも、春蘭らしき葉はでているものの、花が咲くのは数株。いつかそれらにも花付くこと祈って・・・

ペンションあるびおんは、沢山のお花、林の緑(芽吹き)、野鳥が皆様をお待ちしております。

寒いお花見 蕪の桜

皆様のところは暖かいですか?
お昼にサンドウィッチ持って、近くの桜並木へ行って来ました。もう散り桜でしたが、ハラハラ散る中でのランチもいいものですが、とにかく風が冷たくて、早々に退散してきました。
週末はまたお天気が崩れ、気温も下がるとか。
ハンギングやプランターに植え込んだお花が可愛そう。

  • 鳳凰三山と蕪の桜並木

    鳳凰三山と蕪の桜並木

  • 甲斐駒ヶ岳と蕪の桜並木

    甲斐駒ヶ岳と蕪の桜並木

  • ピクニックサンド

家の守り神とミツバツツジ

ミツバツツジ

ミツバツツジ


裏の庭のミツバツツジが満開です。今年はとても花付きが良いです。
昨日は、庭の隅に冬の間にたまった落ち葉を片付けていたら、家の守り神のアオダイショウ様に出くわして、悲鳴を上げてしまいました。でも、でも、これはわが家の守り神様。悲鳴など上げてはいけません。それから私の行く手を林の下の方へと降りて行くアオダイショウ様の後をつかず離れずで後ろから着いていき、落ち葉をすてました。きっと私が掃除したところに潜んでいたのかも知れませんね。
随分昔からいて、いつも脱皮した皮だけ見ていましたが、ここ数年は年に一回だけこの時期にお目にかかります。もうこれで、今年はお目にかかることはないでしょう。
今日はわが家のミツバツツジを眺めながらか、蕪の桜吹雪の中ででもランチにしたのですが、花粉症もあるので主人は嫌がるかな?

レストラン 亜絲花(あしはな)

レストラン 亜絲花(あしはな)

レストラン 亜絲花(あしはな)

4月1日にオープンしたレストラン 亜絲花(あしはな)さんに行って来ました。
平山郁夫シルクロード美術館に隣接するお店で、以前からありましたが、シェフも当然お料理の内容も全く変わってオープンです。ランチはトルコ料理、ディナーはフランス料理です。chef 藁谷和紀さんも、service 美穂さんも有名店で修行を重ねた方と聞き、期待して行ってきました。
今日はワンプレートランチ 1000円を頂きましたが、リースナブルな一皿の中に「美味しい」が溢れていました。次回はランチのコースやディナーのフレンチも是非いただきたいと思うお店でした。エントランスや店内に飾られたお花もセンス良く、素敵でした。平山郁夫シルクロード美術館でシルクロードの心の旅をして、その足でトルコ料理を頂くのはいかがでしょう。また古の道・棒道を小淵沢から小泉に抜けて、その足で美味しいランチを頂くのはいかがでしょう?

  1. 住所:北杜市長坂町小荒間2004-5
  2. TEL:0551-32-6835


  • 牛肉とインゲン豆のトマト煮込みのプレート

  • 山梨県産トリモモ肉のワイン煮込みのプレート

  • とろけるよなソースが美味。

  • サラダ

    ベリーのようなフルーティーな香りのドレッシングが
    新タマネギとマッチ。

仙人小屋最後の弟子 『八ヶ岳小僧』

 四季の恵みを!
山菜、きのこ、狩猟肉料理 定食

小淵沢に仙人小屋の最後の弟子のお店が開店しました。先日から看板が上がっていたのですが、狩猟肉を売るのか、食べさせるお店か分からなかったのですが、2日前くらいから『定食』の旗が立ったので、食事処と分かりました。
今日行ったら、今日がオープンだったとか。5人目のお客になりました。
大泉の仙人小屋で2年修行したそうですが、これから長い時間かけて、更に仙人に近づきたいという意欲を持つオーナーでした。
鹿丼は味付けした鹿バラ肉とタマネギを載せた丼物ですが、甘すぎず、辛すぎないいい味で主人はすっかり気に入りました。鹿のロースト定食の鹿肉も癖が無く柔らかく美味しかったです。
これからメニューも増やすそうです。期待しましょう。

場所:北杜市小淵沢町10153
   こぶちさわ道の駅から馬術競技場へ向かい、突き当たりを左   折して1軒目です。 

営業時間:昼11時00分~14時30分(LO14時00分)
     夜17時00分~21時00分(LO20時30分)

TEL:080-2139-8249 予約優先

  • 鹿丼 1000円

    鹿丼 1000円

  • 鹿ロースト定食 2000円

    鹿ロースト定食 2000円

  • 柔らかい鹿ロースト

    焼き具合良く、柔らかい鹿ロースト

  • メニューはふえるそう