ペンション あるびおん

八ヶ岳 小淵沢の小さな宿に宿泊して、静かな時間と体に優しいお料理をお楽しみください。

TEL.0551-36-4166

 E-Mail.p-albion@p-albion.jp

〒408-0041 山梨県北杜市小淵沢町上笹尾3332-1157

2013紅葉情報

八ヶ岳周辺の桜と桃の紹介とお花見情報

ペンションあるびおんによる、八ヶ岳南麓周辺(北杜市、韮崎市、富士見町、原村、茅野市)のお花見情報です。

2019年最新お花見情報更新中

以下は八ヶ岳周辺のお花見スポットの紹介です。

ここ小渕沢は八ヶ岳の麓、標高1,000mに位置するため桜は裾野からやってきます。まずは4月上旬、韮崎・王仁塚(鰐塚)の桜の桜からでしょうか。
 追うように武川の実相寺の水仙、神代桜の便りが届き、続いてここから少し山側に車で5分程入った真原(さねはら)の桜並木も見頃となります。こちらは桜の種類がソメイヨシノのため少し遅れます。(約1週間)雪を残した甲斐駒ケ岳を背に約200本のソメイヨシノの並木道は壮観です。
武川町の実相寺より遅れること一週間位で清春芸術村の桜が見頃となります。この前身である清春小学校の落成を記念して大正14年に校庭を取り巻くように植えられた桜も 樹齢70年となり、南アルプスをバックに堂々と咲き誇ります。

 この頃穴山では桃の花が咲き始めます。良い桃をとるため、咲くそばから農家の人たちは摘花をはじめますので、桃畑は足下もピンクの絨毯を敷きつめたようになります。ここは南アルプスに対面する七里岩の台地の上にあるため眺めも良く、あまり知られていない静かな桃の里です。

さーやっと地元小淵沢にも桜の便りがやってきます。4月も中旬にを過ぎようとするころ、いよいよ小渕沢の天然記念物、神田(しんでん)の大糸桜(おおいとざくら)の開花です。樹齢360年の巨木で、田園の真ん中のしだれ桜は遠くからも見渡せ、この時期は特急あずさの車窓からもよく見えますので車内アナウンスもされます。葉桜のころには水仙やチューリップがこのまわりを飾ります。

神田の大糸桜はここ数年樹勢回復のため防風ネットで覆われています。今年も防風ネットは開花時期も張られたままですが、2方向だけは取り除かれました。一日も早い樹勢回復を祈ります。そしてまたあの美し姿を見せて欲しいですね。

  • 神田(しんでん)の大糸桜

    神田(しんでん)の大糸桜

  • 神田(しんでん)の大糸桜

    神田(しんでん)の大糸桜

  • オオイトザクラ

    ネットに覆われた方向からのオオイトザクラ 2013年

  • オオイトザクラ

    ネットが取り外された方からのオオイトザクラ 2013年

お花見の便利なリンク集
  1. お花見に使える路線バス
  2. 桃の里ウォーク 小淵沢ペンション振興会
  3. 清春芸術村
  4. 実相寺 神代桜開花情報
  5. わに塚の四季 地元発信
過去のお花見情報
  1. 2019年・現在のお花見情報
  2. 2018年 お花見情報こちらから
  3. 2017年 お花見情報こちらから
  4. 2016年 お花見情報こちらから
  5. 2015年 お花見情報こちら
  6. 2014年 お花見情報こちら
  7. 2013年 お花見情報こちら
  8. 2012年 お花見情報こちら
  9. 2011年 お花見情報こちら
  10. 2010年 お花見情報こちら
  11. 2009年 お花見情報こちら
  12. 2008年 お花見情報こちら
  13. 2007年 お花見情報こちら
  14. 2006年 お花見情報こちら
  15. 2005年 お花見情報こちら
  16. 2004年 お花見情報こちら
お花見のついでに寄れるお店 レストラン 工場見学
  1. ギャラリー&カフェ かたがご(武川) 真原の桜並木 実相寺
  2. 和菓子の老舗・金精軒(白州) 清春芸術村 真原の桜並木 実相寺
  3. 山梨銘醸・七賢(白州) 清春芸術村 真原の桜並木 実相寺
  4. 翁(清春)清春芸術村
  5. ドライフラワー アンデルセン 清春芸術村
  6. 峠のギャラリーぶら里(清春)清春芸術村
  7. サントリー白州蒸留所 ウィスキーと天然水の工場
  8. シャトレーゼ白州工場 見学は予約制

2013年11月12日 周辺の山々にも白い妖精が降りてきました。

いよいよ冷え込んできました。わが家は早朝0度。野辺山は-7度でした。
早朝は真っ青な空が広がっていましたが、段々雲が少し出てきました。
主人が清里大橋 野辺山で撮ってきた写真です。
野辺山はすでに冬景色ですね。清里大橋も秋の名残です。

  • 黄色い橋(清里大橋)からのの南アルプス 北岳は真っ白です

  • 黄色い橋(清里大橋)からの八ヶ岳
  • 野辺山からの八ヶ岳

  • 野辺山 トラクターと八ヶ岳

さて、では小淵沢はどうでしょう?
朝の仕事を終え、外に出たら真っ青な空に雲が出始めてしまいました。やはり写真撮りは全てをほっぽり出して朝一で撮らなくては。
でも空気はキーンと冷えて気持ちいい感じ。
馬術競技場にお馬さんに会いに行きましたが、もう寒いからかいませんでした。
それにしても競技場は真っ赤な紅葉がとても綺麗です。そしてその向こうの山々の山肌の紅葉がまた綺麗です。
牧場からみた八ヶ岳も薄すら白いものをまとって、今日は迫力で迫って見えました。
それにしても、こんな美しいところを散歩できるなんて、本当に幸せ。

うすらと雪化粧した南アルプス

うすらと雪化粧した南アルプス

  • 低い山は山肌の紅葉も綺麗です
  • 赤い落ち葉綺麗です。

  • 牧場の向こうに八ヶ岳

  • 八ヶ岳

赤や黄色の紅葉も綺麗ですが、これから始まる栗色や黄金色、渋柿色の秋も大好きです。地味なオータムカラーが日に輝くときの美しさ。
11月はそんな秋が楽しめる小淵沢です。


☆八ヶ岳の紅葉と宿泊はペンションあるびおん

夕暮れの棒道 黄金色の唐松

黄金色に輝く唐松の棒道

黄金色に輝く唐松の棒道

秋の棒道は静寂な時が流れています。傾いた陽は林の木々を輝かせ、背の高い木の陰を一層伸ばし、秋の一日が暮れようとしているこの時間が何とも幸せです。
棒道の妖精達も林の奥へと帰る時間のようです。静なのに、林がざわめいて感じるのはきっとそのせい。
さー私も観音様に手を振り、家路へと戻ります。
唐松シャワーが降るのはもう少し後ですね。


  • 板東33箇所の観音様が、昔から旅人の安全を守ってくれていました。

  • 棒道の観音様

    棒道の観音様

棒道を歩きたいとおもいながら、なかなかいらっしゃれない方、動画でご一緒しましょう。

秋の昇仙峡 20103年

やはり毎年一度はやってきてしまう昇仙峡。さすがここは連休最終日でも賑やかです。紅葉はも少しで見頃を迎えそうです。

仙娥滝(せんがたき)

仙娥滝(せんがたき)落差30m

秋の昇仙峡は、そそり立つ花崗岩の白い岩や奇峰に黄色や朱の紅葉が映える景色で、山梨県を代表する紅葉スポットです。全長約5キロメートルに亘る渓谷は、水面からほぼ垂直に屹立する高さ約180mの巨岩・円覚峰を始め、仙娥滝(日本の滝百選)、石門、羅漢寺と見所いっぱいです。
仙娥滝の上のワイン王国の店内からは滝口を見ることが出来ます。滝口を見ることの出来る滝は、日本国内では数カ所だけだそうです。


  • 仙娥滝の滝口

    仙娥滝の滝口 滝の落ちるところ

  • 円覚峰

    円覚峰 覚円が畳が数畳敷ける広さの頂上で修行したと言い伝えられています。

  • 秋の昇仙峡

    秋の昇仙峡

  • 紅葉に染まる昇仙峡

    紅葉に染まる昇仙峡

東京方面から八ヶ岳にいらっしゃるお客様は、行きや帰りに昇仙峡に寄ってみましょう。

  1. 昇仙峡の紹介
  2. 昇仙峡観光協会
  3. バス時刻表 竜王~昇仙峡
  4. バス時刻表 甲府~昇仙峡


☆八ヶ岳の紅葉の宿泊はペンションあるびおん

金峰山・瑞牆山源流 本谷川の紅葉

今年はなかなか行けなかったのですが、連休にここを通過して信州峠に抜けてあるびおんまでいらしたお客様が、もう綺麗でしたよといわれたので、連休最後の日にいってみました。
連休最後にもかかわらず、みずがき湖(塩川ダム)も、本谷川沿いの道も空いていて、静かな紅葉を楽しむことができました。
みずがき湖へ至る道の山々も、湖畔の山々も錦の紅葉が目を楽しませてくれます。

  • 錦の山々

    錦の山々

  • みずがき湖(塩川ダム)

    みずがき湖(塩川ダム)

本谷川の紅葉

本谷川の紅葉

更に上流の本谷川は金峰山を源に増富ラジウム温泉峡を東西に流れ、みずがき湖(塩川ダム)まで続く渓谷で、渓谷の景色と紅葉の素晴らしい紅葉スポットです。渓流に映る紅葉もまたすてきです。
金山平を抜け、みずがき山自然公園を見て信州峠に抜けたり、高根に抜けることもできますが、今日は途中から昇仙峡へと抜けました。


  1. とっておきの北杜 ルーツマップ
  2. クリスタルラインガイドマップ
  3. みずがき湖~本谷川~みずがき山自然公園の紅葉 2012.0.22
  4. みずがき湖~本谷川~木賊峠~昇仙峡 ドライブ
  5. 黒森~みずがき山自然公園~有井館~増富温泉~みずがき湖 紅葉ドライブ 2008.11.04
  6. そば処 有井館の紹介


☆八ヶ岳の紅葉を楽しむなら宿泊はペンションあるびおん

馬術競技場とその周辺の紅葉

今は馬術競技場とその周辺の紅葉がとても綺麗です。黄色い黄葉が多い中、この周辺は赤いモミジが綺麗です。
ペンションあるびおんから歩いて15分。お散歩に丁度良いところです。


吐竜の滝

吐竜の滝

吐竜の滝

いよいよ吐竜の滝も見頃です。
駐車場が狭いので、連休中は待つことになるかもしれません。時間に余裕を持ってお出かけください。
また吐竜の滝駐車場までの道も細く、対向車に気をつけて走ってください。

吐竜の滝の紹介

  • 吐竜の滝

    吐竜の滝

  • 吐竜の滝

    吐竜の滝

ツタとツタウルシ

ツタとツタウルシ

小淵沢の赤松や林の木々に絡みついて、綺麗な紅葉を見せてるのはツタウルシとツタです。
ツタウルシ(手前)は3枚の小葉からなり、絡みついた幹から大きく腕を広げている事も多いです。
ツタ(奥)は日本に自生するものは一種で別名アマヅラ、ナツヅタ、モミジヅタと呼ばれますが皆同じものをさすそうです。
木の幹にべったりと張り付いてのびていて、葉は掌状に裂けいます。

今、馬術競技場や道の駅から競技場へ道がとても綺麗です。


☆八ヶ岳の紅葉と宿泊はペンションあるびおん

ペンション周辺の紅葉

ペンション周辺の紅葉

ペンション周辺の紅葉

ペンションの玄関を出ると、周囲の紅葉もとても綺麗になってきました。
また、馬術競技場前の通りや、赤松林のツタウルシも綺麗で、小淵沢もいよいよ本格的紅葉を向かえてきます。
棒道の唐松の黄葉はもう少し先になりそうです。


☆紅葉と八ヶ岳の宿泊はペンションあるびおん

八ヶ岳南麓の紅葉とお店巡り

昨日から同級生がお泊まりに来てくました。昨日は雨の中の到着でしたが、念力で今朝はいいお天気。遅くまでのおしゃべりにもかかわらず、元気にお目覚めのようです。朝食の後は八ヶ岳の紅葉見学にGO!

まずはギャラリー夢宇へ。カエデの赤い紅葉と夢宇谷の流れの音が出迎えてくれました。思っていたとおり、ギャラリー夢宇のすてきな雰囲気やディスプレイにみんな感激し、通路に飾られた様々な作品に目も足も止まってしまいなかなか先に進めません。それぞれに選んだすてきな壁飾り(花入れ)が八ヶ岳の思い出の品となったようです。

次は赤い橋の紅葉です。霧で八ヶ岳は見えませんでしたが、紅葉は良い感じに進んでいました。もうちょっと言うところですが、次の台風が来てしまうと散ってしまいますね。見に行く方はお早めに。

  • 東沢大橋 赤い橋

    東沢大橋 赤い橋

  • 東沢大橋 赤い橋の紅葉

そしてお昼は高原ロッジでいただくことに。八ヶ岳横断道路(八ヶ岳公園道路)の紅葉も、今はヤマブドウの朱とダンコウバイの黄色、楓の紅が綺麗ですが、唐松はもう少し先のようです。
高原ロッジへの唐松の並木道も上に行くほど黄色が深まっています。今日はこのあたりは霧に包まれ、それもまた綺麗です。ここまで来ると気温も大夫下がってきます。
「食欲の秋 満喫 八ケ岳ランチ サラダバー付き」や「八ヶ岳御膳 サラダバー付き」などを注文。窓からの霧をまとった紅葉がすてきでした。
ついついおしゃべりが進みすぎて、次へと回る予定が押してきました。ドラマ・高原はいらっしゃいの舞台である高原ヒュッテや音楽堂を見てここを後にしました。

  • 食欲の秋 満喫 八ケ岳ランチ

    食欲の秋 満喫 八ケ岳ランチ 

  • 八ヶ岳御膳

    八ヶ岳御膳

  • 高原ヒュッテ

    高原ヒュッテ

  • 音楽堂の庭

    音楽堂の庭

さてさてお次は八ヶ岳倶楽部ですね。平日にもかかわらず多くの車が止まっています。ギャラリーを見て、ステージに移ると慎吾さんがいらっしゃいました。
私は初夏にお目にかかって以来です。素晴らしいカメラで何か撮影中だったようです。しばし主人とカメラ談義。一緒に写真に収まっていただき、私たちはレストランへ。お友だちに是非フルーツティーを味わって欲しくて。私はここで出されている紅玉のデザートスープをいただきました。やはりリンゴの味が生きているおしゃれなデザートでした。

  • 柳生慎吾さんと八ヶ岳倶楽部にて

    柳生慎吾さんと八ヶ岳倶楽部にて

  • 柳生慎吾さんと八ヶ岳倶楽部にて

  • 八ヶ岳倶楽部オリジナル フルーツティー

    八ヶ岳倶楽部オリジナル フルーツティーをみんなでいただきました。

  • リンゴのデザートスープ

    リンゴのデザートスープ

かりん吐竜の滝も御案内したかったのですがtime out 。次回にお楽しみをとっておきましょう。

4時に小淵沢駅でお別れ。また来てねー。お元気で。

八ヶ岳紅葉情報

☆八ヶ岳の紅葉と宿泊ペンションあるびおん