ペンション あるびおん

八ヶ岳 小淵沢の小さな宿に宿泊して、静かな時間と体に優しいお料理をお楽しみください。

TEL.0551-36-4166

 E-Mail.p-albion@p-albion.jp

〒408-0041 山梨県北杜市小淵沢町上笹尾3332-1157

トレッキング ウォーキング 散歩

霧ヶ峰、車山のレンゲツツジそしてニッコウキスゲへ

 梅雨の晴れ間を縫って霧ヶ峰、くるみの池、車山の肩に行ってきました。
車山に近づいても、山の斜面が赤く染まっているところが少なく、すでに遅かったのかな・・・
車を降りてみると、霧ヶ峰も車山の肩も散ったものもありますが、蕾もまだある状態ですが、レンゲツツジの花付き自体が悪いように思います。
コバイケイソウも今年は少ないです。コバイケイソウは花を咲かせるのに多くの栄養が必要なため、良く咲く年とお休みの年があるので、今年はお休み株の多い年かも知れません。

  • 車山の肩 レンゲツツジ

    車山の肩 レンゲツツジ

  • 肩の小屋

    肩の小屋

  • コバイケイソウ

    コバイケイソウ

  • ホオアカ

    ホオアカ

ニッコウキスゲの蕾は沢山でています。ほんの少し咲き始めていますが、蕾はまだまだ硬いです。
あと10日位すれば大夫咲く事でしょう。ニッコウキスゲに期待を掛けましょう。
鹿さんには余り食べないようにお願いしたいところですが、鹿さんも生きるの必死ですからねー。
ノビタキ、ホオアカガ子育てに忙しい季節のようです。
かわいいヒナも見られましたよ。

ペンションあるびおんでは観光ガイド野鳥ガイドを行っていますの、お車で無い方、野鳥を撮りたい方ご利用ください。


☆八ヶ岳の宿泊とバードウォッチングはペンションあるびおん

桃の里ウォーク(こぶちさわポレポレクラブ)

今日はこぶちさわポレポレクラブの桃の里ウォークでした。今回は真田丸で注目を集めた新府城址をメインコースに入れた、新しいコースのウォークです。そのコースは『八ヶ岳歩こう会』の文ちゃんこと田中文子さんの作ったコースで、ご本人のガイド付きで歩くことが出来ました。感謝。
参加者も32人で年齢の幅も80才位あるメンバーでしたが、皆様のご協力で、楽しく全員完歩する事が出来ました。
桃が咲く頃には桜が散り始めるのですが、今年は桃も桜も綺麗で、菜の花、ハナダイコン等の花も色を添えて、花のウォーク日和となりました。
お弁当は今年もキッチンハートランドさんの手作り弁当です。今日はケーキのデザート付きでした。(#^.^#)

まだしばらく桃の花の見頃が続きそです。桜吹雪の新府城址も素敵ですよ。

コースは穴山駅から少し日野春方向へ戻る形で御名方神社~堂坂の砦と史跡を訪ねながら新府の桃源郷へと向かい、新府城址を廻って新府駅へと歩きます。言葉よりも写真でご覧くださいね。

  • 御名方神社

    御名方神社は「新府城北側の防塁」?

  • 堂坂の砦

    茅が岳を望む堂坂の砦

  • 石水

    巨岩の間に湧き出る清水が石水

  • 新府桃の里

    新府桃の里 菜の花も綺麗ですね。

  • 新府の桃畑

    新府の桃畑でお弁当

  • お花見弁当

    ハートランドさんのお花見弁当

  • 新府城址への新しい道

    新府城址への新しい道 鳳凰三山と桃が綺麗。

  • 桃源郷

    新府城址から眺めた桃源郷

  • 桜満開の新府城址で記念写真

  • 新府城址を下って駅へ

    新府城址を下って駅へ

雪の中のお散歩

幹線道路は除雪が大夫進んでいます。でも残った雪が凍って、とても滑りやすいのでお気を付けて。
私も数日ぶりにお散歩にでました。でも一寸脇道に入ると雪が深く、スノーシューを持ってこなかったことを後悔。コース変更で、わが家のある別荘地内を歩きます。わが家の周りはすてきなお家が多く、雪景色がとっても似合います。歩いていると薪の燃える匂いがただよっていますた。薪ストーブを炊いているお家が多いのですね。
踏まれていない雪の上には、鹿や兎の足跡。野ウサギなんて見かけた事無いのに、まだ身近にいること確認出来て嬉しかったです。
雪は色々なメッセージ残してくれます。
最近あるびおんにご無沙汰のリスも足早に私の前を走り抜けて行きました。たまにはあるびおんにおいで。おいしいクルミあげるよ。

散歩の風景

散歩の風景

ツタウルシの紅葉(馬術競技場)

始まりました、秋の舞踏会。
四季、色を変えることなくそこに立つ君たちは、
この時期だけ鮮やかな衣装をまとい、そして夕暮れのスポットライトに踊り出す。
瞬く間に消えてしまう光に、息弾ませて、廻る、廻る、廻る・・・セマ(旋回舞踏)のように。


馬術競技場の中のツタウルシの紅葉がとても綺麗です。又ペンション周りの紅葉も素敵です。
ゆっくりお散歩してください。

八ヶ岳紅葉情報

☆八ヶ岳の宿泊と紅葉狩りはペンションあるびおん

秋の棒道

八ヶ岳の麓には、信玄が軍用道路として使ったとされる(諸説あるのですが)甲州から信州にのびる「古の道・棒道(ぼうみち)」があります。所々途切れていますが、古い道を掘り起こしいいウォーキングコースとなっている所も多いです。

小渕沢~小泉の間の棒道は、その頃からの観音様が行く人を見守りつづけています。又湧水の流れが現れたり、変化に富んだ道です。
昨日は夕暮れの陽にススキが輝いて綺麗でした。これからカラ松が黄金色に染まり、素敵なウォーキングコースとなるでしょう。10月下旬になると

カラ松が黄金色に染まったら、少し風の吹く日に歩いて見てください。カラ松シャワーが皆さまをお出迎えする事でしょう。
四季折々の棒道のレポートはこちらから四季折々の棒道の紹介は棒道レポート

  • 今の時期はススキが美しい

  • 道行く人を見守り続けた漢音様

    道行く人を見守り続けた漢音様

  • 女取り湧水からの流れ

    女取り湧水からの流れ

  • ツタウルシの紅葉

    ツタウルシの紅葉


☆八ヶ岳の宿泊と棒道ウォークにはは棒道に近いペンションあるびおん

秋晴れです!!

昨日までの雨がウソのような秋晴れです。
今朝も客様は元気に観音平へ向かいました。そこから天女山まで歩くそうです。
きっと気持ち良いトレッキングとなることでしょう。

このシルバーウィークの間はお天気も安定していそうです。
皆さまも八ヶ岳での秋を満喫してくださいね。



八ヶ岳周辺の秋と紅葉を楽しむ軽登山とハイキング ウォーキング
秋風の中でスポーツを満喫
ワイナリー巡りとワイン造り体験(一宮 勝沼)

美術館巡りやそば打ち体験などインドアーの楽しみも充実しています。

猛暑忘れて渓流歩き、トレッキング

南アルプスを源とする渓流歩きはいかがですか?花崗岩の中を流れる渓流は、澄んだ水といくつも滝が楽しめます。そう!南アルプスの天然水そのものです。
尾白川は滑りやすく、事故の起こりやすい渓谷道ですので登山の支度でお出かけください。精進ヶ滝の方も足下は滑りにくい靴が必要ですが、尾白川よりは遊歩道が整備されていてファミリー向きです。ただし登山口までの林道は気をつけて運転をしてください。

あるびおんでは色々な季節に歩いていますので、下記レポートも参考にしてください。
尾白川 精進ヶ滝のレポート

北杜の山歩きさんが最近精進ヶ滝を歩いた記事もご参考に。
2015年8月3日の精進ヶ滝

  • 尾白川 神蛇の滝

    尾白川 神蛇の滝

  • 精進ヶ滝

    精進ヶ滝(落差121mの東日本一の滝)

車山の肩から蝶々深山を超えて八島湿原へ

先週、レンゲツツジ咲く蓼科へ行って来ました。車山の肩から蝶々深山を超えて八島湿原へ抜けるコースはずっと歩いてみたかったのですが、車で行くとどうしても元へ戻らなくてはならないので、なかなか実現しませんでした。
でも、今回はお友だちのご主人が私たち女性3人を車山の肩(1802m)でおろし、八島湿原に車を置いてから、私たちを迎える形で逆方向から歩いてきて、合流したらご自身は又同じ道を戻るという形を取ってくれることになり、女性3人はお姫さにもなった気分で優雅なハイキングを楽しみました。

さて、コロポックルから車山湿原に下っていくと、レンゲツツジの鮮やかな色が。最盛期は少し過ぎているものの、まだまだ綺麗に、色鮮やかに咲いているレンゲツツジもあり、咲き始めたコバイケイソウとのコントラストが美しい景色でした。でも、今年はコバイケイソウは不作の年かも知れません。コバイケイソウは咲くために沢山の肥料とエネルギーを使うために、何年かに一度咲くようです。そのために湿原にいっぱい咲く年とそうでない年があります。

  • レンゲツツジ咲く木道

    レンゲツツジ咲く木道を歩く姫

  • 車山湿原

    レンゲツツジとコバイケイソウ

  • 車山湿原

    車山湿原

  • レンゲツツジ

    レンゲツツジ

おしゃべり弾ませながら木道を歩き、いよいよ蝶々深山への登り口。緩やかな上り道は息切る事も無く、来た道の景色も振り返り楽しみながら山頂(1836m)へ。下から見るなだらかで、若草に覆われた姿に反し岩がゴロゴロした平らな山頂でした。

  • 青空も姫も綺麗!

    青空も姫も綺麗!

  • 蝶々深山山頂(1836m)

    蝶々深山山頂(1836m)

一休みの後、山頂を下り物見岩へ向かいます。平日のため会う人も少なく、静かな山歩きです。そんな時向こうから見覚えのある姿がこちらに向かっています。
あっ、今日のナイトの清さんです!!早い!
ご夫婦対面のシーンを遠くから撮りながら私は眺めています。(笑)

  • 清さんだー!!

  • ご夫婦ご対めーん~あれ、すれ違っちゃう?

無事合流して、物見岩(1780m)に登ります。こちらは大きな岩がそびえ立ていて、お互いを支え合うようにして折り重なっています。そこで記念写真。こんな岩を見るとついこんな写真を撮りたくなりますね。(笑)

  • 物見岩(1780m)

    物見岩(1780m)

  • 草原を走る鹿2頭

    草原を走る鹿2頭

私たちものどかなハイキングを楽しんでいますが、遠くから2頭の鹿ものどかに(?)こちらを眺めています。こちらが気づいたことに気がついたのか、優雅に跳ねるように去って行きました。近年車山や霧ヶ峰のニッコウキスゲは鹿害でめっきり減り、対策として電気柵やネットを張って高山植物を守っていますが、草原を走る鹿の姿を見ると、彼らは彼らで必死に生きているんだろうなーと思います。わが家の庭の擬宝珠も茎だけになっていますが、山の麓まで人が生活圏を広げてしまった今、野生動物と人との関わり合いをどうすればいいのか、頭を悩ませる問題です。

青空を写した池塘

青空を写した池塘

さて、そんなこと話しながらも八島湿原(1640m)に到着。梅雨とは思えない青空を写した池塘が碧く、みどりの中にとても綺麗です。レンゲツツジもまだ見頃でした。

こんもり盛り上がっている湿原 高層湿原

こんもり盛り上がっている湿原 高層湿原

八島湿原は日本の南限の高層湿原です。湖沼から始まり、土砂の流入や水生植物が寒くて腐らず泥炭として堆積して低層湿原となり、やがてそれが更に堆積して周囲よりも高くなり高層湿原となったのが八島湿原です。八島ヶ原湿原の泥炭層は8.05mにもなっているそうで、木道から見るとこんもりと湿原が盛り上がっているのが分かります。
木道を歩いて半周して駐車場へ。ヒオウギアヤメやグンナイフウロ、オオカサモチ等も咲き始め、これから秋まで湿原には高山植物が咲きつづけるでしょう。
午後から予定のある私のために早朝からのハイキングでしたが、とても楽しかったです。


  • アヤメ

    アヤメ

  • 池塘とレンゲツツジ

    池塘とレンゲツツジ

レンゲツツジ咲く湿原を眺めながらランチ

レンゲツツジ咲く湿原を眺めながらランチ

最後は車山の肩駐車場に車で戻り、コロポックルで楽しみにしていたボルシチのランチとなりました。ほかほかのパンが笑顔を呼びますね。
本日のナイト・清さんお世話様でした。感謝。

これからはニッコウキスゲの季節です。秋までファミリーで楽しめるハイキングコースですので、皆さまもいかがでしょうか?

車山 霧ヶ峰のレポート 路線バスのご案内
トレッキングマップ PDF

八ヶ岳も秋色 

八ヶ岳の登山道は秋の彩りでしょう

八ヶ岳の登山道は秋の彩りでしょう。

気がつけば八ヶ岳もすっかり秋色。今頃編笠山に登ると、登る道々が紅葉できれいなんです。
紅葉の編笠山登山記
今日は鳶が空から紅葉狩りしているようです。
これから八ヶ岳の山に登る方は、防寒の装備もお忘れなく。

2014年紅葉情報一覧へ

☆八ヶ岳の宿泊と紅葉を楽しむにはペンションあるびおん

秋と紅葉を楽しむ八ヶ岳周辺の軽登山とハイキングコース 

尾白川 神蛇の滝

尾白川 神蛇の滝

ペンションあるびおんお勧めの、「秋と紅葉を楽しむ八ヶ岳周辺の軽登山とハイキングコース」を紹介しています。
この秋、何処かを歩いてみませんか?

秋と紅葉を楽しむ八ヶ岳周辺の軽登山とハイキングコース 

2014年紅葉情報一覧へ

☆八ヶ岳の宿泊と紅葉を楽しむにはペンションあるびおん