ペンション あるびおん

八ヶ岳 小淵沢の小さな宿に宿泊して、静かな時間と体に優しいお料理をお楽しみください。

TEL.0551-36-4166

 E-Mail.p-albion@p-albion.jp

〒408-0041 山梨県北杜市小淵沢町上笹尾3332-1157

デジカメ日記

カゴメの富士見工場に行ってみよう!

カゴメの富士見工場では夏休み期間中の7月下旬~8月下旬まで個人でも工場内を見学できます。
内容は工場概要及び野菜に関する講義等(約30分)ペットボトル・紙パック飲料の製造工程見学(約60分)で見学時間は90分です。
野菜の知識をえたり野菜ジュースの製造過程を見学してみる良い機会です。ますます野菜好きになってしますかも。
トマトの入ったジュースは熱中症対策にもいいとか。
見学料金は無料で、小学生以上のお申し込みになります。
完全予約制なので、事前に必ずお申し込みください。
ペンションのある小渕沢町から車で約25分です

個人の見学
  1. 7月下旬~8月下旬
  2. 10:00~11:30、14:00~15:30 定員:50名
  3. 予約:見学希望日の1ヶ月前より受付
予約は
  1. 見学希望日
  2. 人数
  3. 代表者のご連絡先
  4. カゴメ㈱富士見工場 0266-62-3111(平日8:30~17:00)
  5. カゴメ工場見学HPへ

ペンションあるびおんお薦めの工場見学の一覧こちらで。

気球係留体験をスタッフ一同で体験してきました。

昨日の朝、あるびおんスタッフ一同で、気球体験してきました。
徒歩5分のローケーション、30m上昇するだけで空気もひんやり、景色はより雄大に、八ヶ岳や南アルプスが見渡せます。すっきりと空気が澄んだ日は富士山も綺麗に見えます。
ペンションあるびおんから、朝のお散歩がてら是非ご家族で体験してみてください。この夏の一押しです!!

追伸:8月10日 楽しかった熱気球ですが、主宰者の都合で場所が小渕沢カントリーへと変わり、夕方のみの開催となり、お夕食には間に合わない時間となりました。朝のお散歩ついでの体験も出来なくなりました。

7月22日(日) 午前2時30分 20℃

異常気象に日本全国猛暑に襲われていますね。私たちもここへ来て30年になりますが、今まで経験したことにような夏です。
夏でも気持ち良く水まきしていたのが、今年は水まきする度にどっと汗が噴き出してきます。
それでもここは標高1050mですらか、同じ小渕沢町の方でも駅や町の下の方から来ると、皆さん一様にここは涼しいと言います。
それは標高とやはり林のせいでしょう。庭で汗をかいても、裏の林に行けばすーっと汗が引きます。自然って、木々ってありがたいなーと思う瞬間です。
宵っ張りした今夜は、ちょっと外気温計を見てみました。何と外気温は20℃です。
都会の皆さんに、被災地の皆さんに、この自然のひんやりした空気をおくってあげたいと心から思いました。
寝苦しい夜をお過ごしの皆様、八ヶ岳でどうぞぐっすりとお休みください。

7月22日(日) 午前2時30分 20℃

被害甚大

地に被害をもたらした大雨ですが、ニュースを見る度被害の甚大さに驚かされ、心が痛みます。
被害に遭われた方々に、心よりお見舞い申し上げます。

温暖化による気象の変化は人ごとではありません。温暖化により南岸低気圧が発達しやすくなり、30年前に移住してきたときにはなかったような大雪が、たまに八ヶ岳南麓を襲うようにもなりました。
災害が少ない八ヶ岳ですが、南岸低気圧による雪には心して雪対策をしたいと思います。

久しぶりの青空に、鹿もひなたぼっこしていましたが、こちらに気づいて林の中へ。

横浜でコンサート

今日は横浜アリーナで小田和正さんのコンサート。今はお墓参り終えてランチです。一度ホテルに入って一休みして、コンサートに向かいます。楽しみ‼
横浜は暑くてどんより。お墓から見えるランドマークもどんより。


素晴らしいコンサートに酔いしれて、優しさに包まれて、素敵な夜でした。
あの透き通った声、優しさと思いやり溢れた歌詞!聞くものすべての心の澱をすいとって、あの大きな空間がひとつになる瞬間こそ、小田さんならではのコンサート!!6時30分開演で充実した2度アンコールが終わったのは10時も過ぎようとしている頃。会場を何周も歩いて、走って、飛び降りて、3時間歌っても伸びやかなすんだ声は変わらずも素晴らしい。今回はツアー最終日も横浜アリーナ。また、チケット取れたら来ますよ、きっと。

楽しいガーデニング

カナダから戻って、ガーデニング熱が久々に再燃。俄然やる気になったところへ、病院の庭のボランティア友達の応援もあって、あるびおんの庭が少し明るく、空間が広がったような感じになりました。
まずは大きくなりすぎたり、花が10年経っても咲かない木を、思い切って切りました。今まで木陰だったところが明るくなり、花壇として使えるようになりました。
またずっと欲しかったアーチが、山葡萄の蔓で作ることが出来ました。来年はここにピンククレマチス・モンタナ咲く予定です。
大きな切り株は直ぐには朽ちませんので、大きな鉢植えを置いてカバーしたり、何年も植えっぱなしの宿根草花壇を全部掘り返して、お花を植え直したり・・・毎日毎日汗を流しながら、腰も痛くなり、クタクタにながら楽しかったです。木を倒したりアーチを作ってくれた桑折清さん、植栽のアドバイスや沢山のお花を提供してくださったYasuko Komodaさんに感謝です。
これからは増えてきたレンゲショウマ、山芍薬、九輪草を中心にした山野草ガーデンを整備して行くのが楽しみな夢です。

  • 山葡萄の蔓で作ったアーチ 

    山葡萄の蔓で作ったアーチ クレマチスを咲かせます。

  • アーチをくぐると南側通路。娘と昔作った花壇が続きます。宿根草が咲きます。

  • 北側通路 シャドーガーデンになっています。アナベルやギボウシが続きます。

  • 大きなピラカンサを切ったところが明るい花壇になりました。切り株にラベンダーの鉢を置いて、山葡萄の蔓を飾ってみました。

  • 切った木の切り株には鉢植えを置いてカバー。

  • 見切り品で買ったミニバラ。養生したら綺麗な花を幾つも咲かせています。

カナダから戻って参りました。

休館中は大変ご不便をお掛けしました。無事戻り、21日より通常業務とさせていただきます。
今後もあるびおんをよろしくお願いいたします。
これから少しずつカナダの旅日記もブログに載せていきたいと思います。今回は前回見るこの出来なかった野鳥も見られましたので、主人が野鳥掲示板の方へ次々アップすると思います。野鳥に興味ある方はどうぞそちらもご覧ください。

私はカナダの住宅のお庭や広大な公園や植物園で、植栽の仕方を色々見てきました。またわが家の庭に悩んでしまいそうですが、庭は年々変化しつつ育っていくものだともいますので、悩むこと楽しみ、わが家の庭にも合うものは取り入れてガーデニングを楽しんでいこうと思います。

カナダのお庭

Vancouverは大都市であり、地価が高騰していますので高級住宅街でも、広大な芝生の庭があるお家は少なく、道路から玄関までのアプローチの両側が芝生で(それだけでも日本の庭と比べたら広いですが)、その両脇や手前、角地にコンパクトに花壇が作られています。だから比較的手入れはしやすく、どこのお家も綺麗です。この時期はそんな住宅街を歩いていると、必ず芝刈り機の音が何処かで響き、あちらこちらの庭でお花の手入れをしている風景を見ます。

  • 高低差を付け、まとまりのある庭

  • 大きな木の下に綺麗にシャドーガーデンを作っています。

雨に日に

九輪草の花壇が一杯一杯できつそうなので、梅雨入りを予測して、家の周り3箇所に九輪草花壇を作り移植しました。
湿っぽいところが好きな九輪草なので、屋根から雨が落ちてくる場所、一段高くなった花壇の下などに。
雨降りの今日は、その場所に雨が落ちるかなど確認。

今年の種が出来たら撒くところも作ったので、来年はまたいっぱい増えそう。

植物も、その植物にあったところに植えてあげれば次々増えるし、居心地が悪ければどんなに肥料をあげて咲かない、増えないで終わります。

表の庭の木を切ったので、お花を植えるスペースが出来たので、裏の庭からレンゲショウマを1株移しました。いつも裏庭で余り見てもらえなので、ここなら見てもらえると。
でもそこは木がなくなって、日当たりが良くなり、レンゲショウマの艶やかな葉っぱあれよあれよという間に葉焼けを起こしてしましました。直ぐに裏庭に戻しましたが、人間の都合にあわせてはいけませんね。反省!

やっと梅雨

今か今かと思っていた梅雨もやっと到来。遅れた分いっぱいいっぱいお手入れしてあげた庭はお花がいっぱい。でも、明日はお花をすべて切り戻して、私たちはバンクーバーに出発します。
チョット可愛そうだけど、お留守番スタッフが晴れた日にはお花の水まきもしてくれるので、きっと帰る頃には、新しいお花が咲いているでしょう。

荷造りもほぼ終わって、玄関には山のような荷物。娘に頼まれた荷物だけでも15kgが二つ。そして自分たちのスーツケースとカメラの機材。
でも、明日はお家の前から羽田国際ターミナルまでタクシーだから楽ちん。はじめてタクシー利用してみます。
カナダからの手紙、出来るだけアップしたいと思います。

ペンションあるびおんの庭

ペンションあるびおんの庭 梅雨前最後の晴日に撮影